レポート

プロジェクト横断レポートは、Asana PremiumBusinessEnterpriseのすべてのお客様がご利用になれます。

「プロジェクト横断レポート」では、視覚的でわかりやすい形式でデータを表示できます。 組織のあらゆるレベルの個人が、ダッシュボードビューでチャートを組み合わせ、最も関心のあるデータを瞬時に確認することができます。 プロジェクト横断レポートを使うと、チームの現状を正確に把握でき、明確な目的に沿ったチームの連携や仕事の優先順位付けに役立ちます。

Asanaで効果的にレポート機能を活用するためのバーチャルトレーニング「レポート機能でプロジェクトの詳細情報を得る」にご参加ください。今すぐ登録しましょう。

レポートの概要

Reporting

レポート機能にアクセスするには、サイドバーを下にスクロールして、[レポート]をクリックします。

Dashboard view

ここから、次のことができるダッシュボードハブが表示されます。

  1. 作成したダッシュボードを表示
  2. 共有されたダッシュボードを表示する(表示専用)
  3. 三点リーダーアイコンをクリックして、ダッシュボードの色とアイコンを設定します。
  4. [ダッシュボードを追加]をクリックして新しいダッシュボードを作成します

チャート

Charts

新規または既存のダッシュボードにチャートを追加するには、[チャートを追加]をクリックします。

  • テンプレートライブラリからプリセットチャートオプションを選択するか、[カスタムチャートを追加]をクリックして独自のチャートを作成します。
  • レポートしたい作業を選択して

タスクのチャート作成

 

screen of report on tasks

チャートの追加をクリックしたら、タスクのレポートを選択します。

screen of include tasks from

次のタスクを含めることができます。

  • 組織
  • チーム
  • ポートフォリオ
  • 特定の個人がオーナーのプロジェクト
  • その他、その他、任意に選択するプロジェクト

チャートのカスタマイズ 

レポートを作成するプロジェクトを選択したら、チャートを作成するか、カスタマイズします。 

Chart Customization 1

チャートをカスタマイズするには: 

  1. チャートのスタイル」を開き、ドロップダウンメニューをクリックします。
  2. 次に、チャートの色を選択します
  3. 新しいチャートタイプも選択できます
  4. 保存」をクリックして、変更内容を保存します
X-axis

X軸のデータグループを次から選択します。

  • 担当者
  • 作成者
  • 時間を追加したユーザー*
  • カスタムフィールド
  • タスクタイプ
  • タスクステータス
  • プロジェクト
  • 期間

期間によるグループ分けは、すべてのAsana BusinessおよびAsana Enterpriseのお客様にのみご利用いただける機能です。

カスタムフィールドはプロジェクト間で共有されるグローバルカスタムフィールドのみをグループ化できます。 

Y-axis

Y軸のデータグループを次から選択します。

  • タスク数
  • -時間-タスク数-タスク数-完了までの時間。
  • 時間の入力*。これにより、実際の時間と推定時間を選択できます。
  • タスクを作成してから完了するまでの時間を測定できます。 -数値のグローバルカスタムフィールドの合計または平均(例:時間数を追跡するカスタムフィールド)

「カスタマイズ」メニューからプロジェクトにタイムトラッキングフィールドを追加した場合にのみ、「Time added by」と「Time」エントリが利用可能になりますのでご注意ください。

完了までの時間によるグループ分けは、Asana BusinessとAsana Enterpriseのすべてのお客様にのみ利用いただける機能です。

Filter

また、フィルターを使ってチャートをカスタマイズすることもできます。 絞り込むことができる項目は以下のとおりです。

  • 担当者
  • 作成者
  • 時間を追加したユーザー*
  • カスタムフィールド
  • サブタスク:チャートでサブタスクを除外するか、サブタスクのみを表示するかを選択します 
  • 日付:作成、完了、期日を指定できます 
  • ポートフォリオ、オーナーのあるプロジェクト、特定のプロジェクトからタスクを除外する
  • タスクの完了ステータス 

タスクステータス

ドーナツチャート

ドーナツチャートについて注意すべき重要なポイントは次のとおりです。

Global-Operations-Asana.png

  • ドーナツチャートは、数値が全体の構成値である必要があるため、平均値を使用できません。 ドーナツチャートは、全体の割合または割合を示すように設計されています。 ドーナツチャートの各データポイントは、合計の一部を表し、チャートはこれらの部分を示すためにセグメントに分割されます。 平均は、中心的傾向または算術平均を表すので、それらは本質的に全体の一部を表すものではない。
  • タスクが複数のプロジェクトにマルチホームされ、チャートがプロジェクトごとにグループ化されている場合、タスクは関連付けられているプロジェクトごとに個別にカウントされます。 これは、タスクが属する各プロジェクトのカウントに寄与するため、タスクが二重カウントされることを意味します。
  • ドーナツチャート(中央の数字)に表示されるタスク数には、これらの重複タスクが含まれます。これは、マルチホームされたタスクがこの数字の中で複数回占有されるためです。

担当者と時間の貢献者による実際の時間のレポート

ユーザーは実際の時間のチャートやダッシュボードを作成できるようになりました。チャートやダッシュボードは、タスクの担当者ごとにグループ化したり、実際の時間を追加したユーザーごとにグループ化したりできます。 これにより、特定のユーザーがタスク間で記録した合計時間(担当者として、または投稿者として)を確認できます。

タイムコントリビューターによるレポート

ユーザーは、Y軸のドロップダウンメニューから[実際の時間]を選択すると、[時間を追加する]という時間貢献フィルターを使用できるようになりました。 この変更は、プロジェクト、ポートフォリオ、プロジェクト横断レポートを含むすべてのダッシュボードで利用できます。

Time Contributor

タイムコントリビューターによるレポートを作成するには、次のことを行います。

  1. まず、[時間]エントリをクリックしてから、[Y軸]ドロップダウンメニューから[実際の時間]を選択します。
  2. X軸ドロップダウンメニューから、によって追加された時間を選択します(これは、Y軸ドロップダウンメニューから実際の時間を選択すると、オプションとして表示されます。

また、これをフィルターとして使用することもできます。 フィルタードロップダウンメニューから[時間を追加したユーザー]を選択して、時間貢献者でフィルタリングします。

Add Chart

チャートのカスタマイズで、次のことができます。

  1. 「キャンセル」をクリックしてチャート作成モードを終了する
  2. 作成」をクリックしてこのチャートをダッシュボードに保存する

チャートタイプやそれぞれのユースケースについて詳しくは、プロジェクトダッシュボードの記事をお読みください。

プロジェクトのチャート作成

プロジェクトのメタデータを使ったチャート作成は、Asana BusinessとAsana Enterpriseのすべてのお客様がご利用になれます。

プロジェクトのチャートを作成すると、プロジェクト、ポートフォリオ、チームをまたいで重要なデータを把握、追跡、比較できます。

screen of report on project

プロジェクトのメタデータに関するチャートを作成するには、[プロジェクトに関するレポート]を選択します。

screen of report on project owner

[チャートの追加]をクリックし、レポートを作成するプロジェクトを選択します。

次のようなプロジェクトを含めることができます。
  • 組織
  • チーム
  • ポートフォリオ
  • プロジェクトオーナー
  • 特定のプロジェクト
screen of measurement

測定方法としてプロジェクト件数または数値のカスタムフィールドを選択できます。

カスタムフィールドの数値を比較するには、プロジェクト数でグループ化します。

目標のチャート作成

Asana BusinessとAsana Enterpriseのすべてのお客様は、目標のメタデータに関するチャートを作成できるようになりました。

目標に関するチャートを作成すると、組織全体の目標のパフォーマンスを把握しやすくなり、目標の現状把握に役立つインサイトを得られます。

goal chart 1

目標のメタデータに関するチャートを作成するには、[目標に関するレポート]を選択します。

goal chart 2

目標の種類」では、次の項目を選択できます。

  • すべての目標
  • 会社の目標
  • チームの目標
goal chart 3

X軸の場合、次のいずれかを選択できます。

  • ステータス
  • オーナー
  • Team
  • 目標の期間

目標の期間を選択すると、目標を四半期ごと、半年ごと、年ごと、またはすべての目標を表示できます。

また、フィルターを使ってチャートをカスタマイズすることもできます。 絞り込むことができる項目は以下のとおりです。

  • 目標オーナー
  • Team
  • 下位目標
  • 目標ステータス
  • 期間

プロジェクト横断レポート を使って、チームの現状を正確に把握しましょう。 30日間Asana無料トライアルを開始しましょう。

ダッシュボードの操作

Dashboard Interactions
  1. グラフにカーソルを合わせて三点リーダーアイコンをクリックすると、グラフを削除または複製できます
  • チャートをクリックしてドラッグし、並べ替えます 
  • アクセス権のあるチャート内のセグメントをクリックすると、その元データが表示されます。 

    ダッシュボードの共有

    すべてのダッシュボードは、デフォルトで非公開となっており、ダッシュボードのオーナーのみが閲覧できます。 

    Share

    ダッシュボードのプライバシー設定を変更するには、次のことを行います。

    1. ダッシュボードのページ上部の「共有」ボタンをクリックします
    2. 次に、ダッシュボードを共有するチームメンバーを選択します
    3. ダッシュボードからメンバーを削除したり、新しいダッシュボードのオーナーを設定したりできます 
    Collaborator

    コラボレーター

    が共有されたダッシュボードを閲覧する場合、アクセス権は読み取り専用です。 チャートはダッシュボードを閲覧するすべての人に同じように表示され、ダッシュボードの作成者による許可設定を反映しています

    チャートのセグメントをクリックすると、コラボレーターはアクセス権のある元データのみ参照できます。

    管理者設定による無効化

    管理者は管理者コンソールを使って、プロジェクト横断レポートをドメインレベルで無効化することができます。 プロジェクト横断レポートが無効になっていると、ユーザーには「レポート」タブが表示されません。

    レポートタブが誤って非表示になっている場合は、管理者に連絡し、プロジェクト横断レポートを有効化するよう依頼してください。