接続に関する問題

以下の問題のいずれかが発生した場合:

 

load screen

読み込み中画面から先へ進まない

サーバーから切断されたことを示すポップアップメッセージが表示される

Asanaを再読み込みする必要があることを示すポップアップメッセージが表示される

これ以外のエラーメッセージが表示され、以下のトラブルシューティングでも問題が解決しない場合は、メッセージをメモしてサポートチームまでお送りください。

以下のトラブルシューティング手順をお試しください。

 

  • 利用しているブラウザー拡張機能をすべてオフにする
  • お使いのブラウザーを最新版に更新する
  • ブラウザーの履歴/キャッシュ/クッキーを消去する  
  • 以下のサポート対象ブラウザーのいずれかで問題をテストし、特定のブラウザーのみで発生するのか、または複数のブラウザーで同様に起こるのかを確認する
  • WebSocketが構築可能かどうかを確認する
  • Asanaのステータスページでサーバーの現行ステータスをチェックする

上記の手順を実施してもまだ問題が解決しない場合は、サポートチームにお問い合わせください。 その際には、お客様が試した手順を正確に記載いただくと、スムーズにサポートが行えます。

ブラウザーの拡張機能をオフにする

ブラウザーの拡張機能を無効化するには、次のことを行います。

Chromeをご利用の場合は、(インストールされた拡張機能に影響されない)シークレットモードでAsanaを開いてみてください

ブラウザーの更新をお願いします

Asanaは、最新の公式ブラウザーバージョンのみをサポートしています。 古いバージョンのブラウザーを使用している場合は、Asanaで問題が発生する可能性があります。 ブラウザーを最新バージョンに更新することで、Asanaを最大限に活用できます。

ブラウザーを更新するには、次のことを行います。

ブラウザの履歴とキャッシュを消去する

履歴の消去方法:

履歴を消去する際、ブラウザーに保存ているパスワードを残す場合は、[パスワード]チェックボックスのチェックを外してください。

対応ブラウザー

以下の最新版に対応しています。

サポートされていないブラウザメッセージが表示された場合は、上記のブラウザの最新バージョンを使用していることを確認してください。 サポートされていないブラウザについて詳しくは、以下をご覧ください。

非対応のブラウザー

Asanaは以下のブラウザではご利用いただけません。

  • Internet Explorer
  • Opera
  • 対応ブラウザーのデベロッパー版またはベータ版

AsanaはHTML 5、CSS 3、JavaScriptなどの最新機能を使って構築された高度なウェブアプリケーションです。 これらの機能は、現在でもブラウザーの種類に応じて動作が多少異なります。 この違いにより、データが保存されない、データが破損する、正常なデータが上書きされてしまうなどの重大な不具合が発生する可能性もあります。

Asanaをご利用の際は必ず動作確認済みの対応ブラウザーをお使いください。 これは、お客様データの保護を目的としたものです。

Asanaは モバイルブラウザーではご利用いただけません。 外出先でもAsanaを使用するには、Asanaモバイルアプリを使用する必要があります。

TLS 1.2への更新

セキュリティはAsanaの最重要事項です。 Asanaは、最高のセキュリティ水準を維持するために、他のソフトウェアプロバイダーに則り、品質改善を行い、旧式の暗号化プロトコルからの移行を進めています。 一部のブラウザーでは旧式の暗号化プロトコルであるTLS 1.1が使用されている場合がありますが、TLS 1.1はサポート対象外です。 バージョン1.2以上への更新をお願いいたします。

技術情報の詳細はデベロッパー向けサイトをご覧ください。

一部のバージョンの古いブラウザーではデフォルトでTLS 1.1が使用されている場合がありますが、ブラウザーを最新版に更新すればTLS 1.2を有効化できます。 企業のITポリシーなどの理由でブラウザーを更新できない場合、Asanaを問題なく使用するためには、TLS 1.2を手動で有効化していただく必要があります。 現在、最新版のブラウザーはすべてTLS 1.2に対応しています。

ブラウザ: TLS 1.2非対応 TLS 1.2対応(非デフォルト、手動設定が必要): TLS 1.2対応(デフォルト):
Google Chrome v 1 - v 21 v 22 -37 v 38 +
Mozilla Firefox v 1 - v 22 v 23 - v 26 v 27 +
Apple Safari v 1 - v 6   v 7 +

TLS 1.2をまったくサポートしていないブラウザーをお使いの場合は、Asanaを使用するためにTLS 1.2をサポートしているバージョンにブラウザーを更新する必要があります。

TLS 1.2を非デフォルトでサポートしているブラウザーをお使いの場合は、デフォルトでTLS 1.2をサポートしている新しいバージョンにブラウザーを更新されることをおすすめします。 社内のITポリシーなどの理由でブラウザーを更新できない場合、ブラウザーの設定でTLS 1.2を有効にしてください。

最新版のブラウザーでも問題が発生する場合は、ブラウザーで使用されているTLSのセキュリティをこちらで検証してください。

TLS 1.1が使われている旨が表示される場合は、社内のITチームにご相談いただき、TLS 1.2への更新をご検討ください。

WebSocket

Asanaの最新版をスムーズにご利用いただくためにはWebSocketが必要です。 強力な社内ファイアウォールや旧式のウイルス対策ソフトを利用している場合、WebSocketの接続に問題が発生することがあります。

Asanaの接続に問題が発生した場合は、以下の手順をお試しください。

  • ここで接続をテストします-このサイトにWebSocket接続が正常に完了したと表示されている場合は、これ以上何もする必要はありません
  • IT部門にこの記事の内容を伝え、問題の診断を依頼してください。 社内のファイアウォール設定により接続が遮断されている場合もあります。 この場合は.asana.comおよび.sync.app.asana.comを許可してください。
  • ウィルス対策ソフトまたはファイアウォールを最新版に更新することで、接続が復旧する場合もあります。
  • トップバーの通知が消えない、または問題が引き続き発生する場合は、サポートチームにお問い合わせください。