タスクのコメントと添付

コメント

タスクにコメントして、質問や情報の追加、ヒントの共有などをすることができます。

タスクのコメントは、タスク詳細ウィンドウの下部に表示されます。

タスクに対するアクセス権を持つ人なら、誰でもそのタスクのコメントを見ることができます。 タスクのコメントはリッチテキストと絵文字に対応しています。  

コメントの追加

コメントを投稿するには:

  • コメントフィールドをクリックし、コメントを入力して[コメント]ボタンをクリックします。
  • キーボードのTab + Cを押すとコメントフィールドにフォーカスできます。

タスクのコラボレーターは、受信トレイで新規コメントの通知を受け取ります。

入力したコメントを送信し忘れた場合、テキストは次回タスクを開くときまでドラフトとして保存されます。

コメントを削除または編集する

コメントを削除または編集するには:

  1. コメントにカーソルを合わせ、表示されるドロップダウンの矢印をクリック
  2. コメントを編集」を選択
  3. コメントを削除」を選択します

削除または編集できるのは自分のコメントのみです。

コメントをピン留め

タスクに、全員に確認してもらいたい重要なコメントがある場合は、タスク詳細ウィンドウのアクティビティフィードの上部にそのコメントをピン留めすることができます。

コメントをピン留めするには:

  1. コメントにカーソルを合わせ、表示されるドロップダウンの矢印をクリック
  2. トップにピン止めを選択

ピン留めされたコメントは、アクティビティフィードの次の2つの場所に表示されます。

  1. 一番上にピン留め
  2. 他のタスクの更新とともに日付順でインライン表示

ピン留めされたコメントには黄色い印が付きます。

コメントのピンを外す

  1. コメントにカーソルを合わせ、表示されるドロップダウンの矢印をクリック
  2. トップからピンを外すを選択

アクティビティフィード

タスクの作成、説明の変更、名前の変更、期日の変更、担当者の変更、セクションの変更など、さまざまなアクションがタスクのアクティビティフィードストーリーを作成します。

[以前の更新を表示]をクリックすると、そのタスクに関してとられたアクションの折り畳み可能な履歴が表示されます。

collapsible history

添付

タスク詳細ウィンドウから、任意のAsanaタスクにファイルをアップロードできます。

コンピューターから

コンピューターに保存されているファイルを添付する場合は、次の2つのオプションがあります。

探す:

  1. クリップのアイコンをクリックします
  2. 「コンピューターから」を選択し、ファイルを参照します
Drag and drop

 

ドラッグアンドドロップ:

デスクトップの任意の場所からファイルをドラッグし、タスクのタスク詳細ウィンドウにドロップします。

添付したファイルは次の場所に表示されます。

  1. タスクの添付フィールド
  2. タスクのアクティビティフィード

クリップボードから添付としてAsanaに画像やファイルをコピーアンドペーストすることも可能です。

また、Googleドライブのユーザーは、文書をAsanaのタスクと同期して、新しいコメントが同期中の文書やシート、スライドに追加された際にAsanaで通知を受け取れます。

タスクのコメント欄でテキストと添付をグループ化する

ユーザーはテキストのブロックと1つ以上の添付をグループ化し、含めることができます。 シームレスにファイルや画像を添付し、コメントを入力できます。

grouped

これによりテキストと添付の両方を含むコメントを合理化できます。

添付ファイルの制限

コンピューターから添付できるファイルは1件につき100 MBまでです。 これを超えるファイルの場合は、DropboxやGoogleドライブから添付してください。

アップロードできるファイル数には制限がありません。

添付の連携

BoxDropboxGoogleドライブMicrosoft OneDrive/SharePointのファイルをAsanaのタスクに直接添付できます。

統合しても、それぞれのファイルには独自の権限があります。 統合によってファイルの権限が変更されることはないため、タスクに添付した後にファイルを同僚に共有する必要がある場合もあります。

外部アプリケーションから添付するには、次の手順に従います。

  1. クリップのアイコンをクリックします
  2. 3つのオプションのいずれかを選択すると、それぞれのアカウントにログインするための新しいウィンドウがポップアップ表示されます。 ログインして、添付するファイルを選択します。

コンピューターで複数のGoogleアカウントにログインしている場合は、現在Asanaアカウントと関連付けられているGoogleドライブアカウントとは無関係に、ファイルの添付元として使うGoogleドライブアカウントを選択できます。

メール経由

メールでタスクを作成する際に、ファイルを添付できます。   Asanaへのメールの転送は、最大合計30 MBまでとなっています。

モバイル経由

Androidアプリを使えば、スマートフォンで写真を撮影またはGoogleドライブのファイルを使用してファイルを添付できます。

IOSデバイスの場合、写真のアップロードのみが可能です。

添付を削除する

添付を削除するには、次のことを行います。

添付ファイル名のドロップダウンの矢印から、承認をリクエスト、添付ファイルをダウンロード、添付ファイル を削除の3つのオプションが表示されます。

添付を削除する場合は、添付を削除を選択します。

アクティビティフィードから画像のサムネイルや添付のストーリーを削除しても、タスクからファイルは削除されません。 コメントフィールドの上にあるアクティビティフィードは、あくまでもアクションのタイムスタンプのリストです。

つながっている仕事へのリンク

作業間リンクで背景情報や関連する作業へのアクセスを提供することで、チームのスピードが加速します。 作業間リンクは、特定のオブジェクト(タスク、ステータス、更新、メッセージなど)がAsanaの他の場所で言及(@メンション)されたことを視覚的に示すものです。 このリンクはユーザーがAsanaのタスクやステータス更新、メッセージ、目標などについて@メンションしたときに自動で作成され、メンションされたオブジェクトのアクティビティフィードに表示されます。 これによりチームのコミュニケーションがより強固になり、少ない労力で作業間に存在するつながりを示すことができるため、見逃しがちな関連オブジェクトの内容まで把握できます。 作業間リンクには↔マークが付き、@メンションされているオブジェクトへのアクセス権を持つユーザーにのみ表示されます。 アクセス権を持たないユーザーには何も表示されません。

アクティビティフィードに表示できる作業間リンクの数に制限はありません。 作業間リンクをクリックすると、そのオブジェクトを@メンションしたAsana内のタスクやステータス更新、メッセージ、目標を確認できます。 アクティビティフィードに表示されている他のアイテムと同様、作業間リンクは手動で削除できます。

ビューコンポーネントの例

コメントでタスクを@メンションする

task in comment

以下の例では、Neelさんがコメント内であるタスクについて言及しています。

アクティビティフィードでの参照

activity feed

この例では、Neelさんがそのタスクについて言及したことが、そのタスクのアクティビティフィードに表示されます。

activity feed

オブジェクトアクセス

以下の例では、NeelさんがQ 3 staffing planタスクへのアクセス権を持っているため、アクティビティフィードに作業間リンクが表示されています。

アクセスできるオブジェクトなし

activity feed

この例では、SueさんはQ 3 staffing planタスクへのアクセス権を持っていないため、アクティビティフィードに作業間リンクが表示されていません。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback