タスクの依存関係

Asana StarterAdvancedEnterprise、Enterprise +プラン、および旧プランのPremium、Business、旧Enterpriseプランで利用できます。

詳しくは料金ページをご覧ください。

依存関係はタスク間の関係であり、アクティビティが特定の順番で行われる必要があることを示します。 タスクの依存関係を使うと、タスクが別のタスクをブロックしている、または別のタスクによってブロックされている状態を示すことができます。

共通のワークフローでコラボレーションを行うチームのメンバーは、他のタスクの終了を待っているタスクを簡単に把握し、自分の作業を始めるタイミングを知ることができます。 最初のタスクが完了すると、次のタスクの担当者は、タスクを開始できるという通知を受け取ります。

Asanaで基本的なワークフローを作成する方法を紹介するオンライントレーニングに参加して、依存関係を使って関連する仕事をリンクする方法を学びましょう。今すぐ登録しましょう。

関連記事

タスクに依存関係を持たせる

タスク
に依存関係を持たせるには:

  1. タスクをクリックして、サイドバーの「依存関係を追加」をクリックします



次:

  1. 先行タスクにしたいタスクの名前を入力します
  2. オートコンプリートの結果からタスクを選択
  3. 先行タスクが表示されます

バナーは依存するタスクの詳細ウィンドウにのみ表示されます。

タイムラインで依存関係の線を引く

依存関係は、タスクにカーソルを合わせて表示されるコネクタアイコンをクリックし、別のタスクにドラッグすることで、タイムラインで直接設定できます。
  

Drawing Dependencies Gif

タイムラインで依存関係の線を引くには:

  • 依存関係は、タスク上にカーソルを合わせてコネクタアイコンをクリックします。
  • コネクタを依存先にしたいタスクにドラッグします。

複数の依存関係

1つのタスクを複数のタスクに、逆に複数のタスクを1つのタスクに依存させることができます。

先行タスクに

は、ブロックされているタスクが表示され、他のタスクが完了を待っていることが示されます。 1つのタスクを複数のタスクに依存させた場合、それぞれの先行タスクが依存するタスクの詳細ウィンドウに表示されます。

依存関係を削除するには、既存のバナーにカーソルを合わせ、表示されるX記号をクリックします。

通知

依存するタスクの担当者は、次のアクションに関する通知を受け取ります。

  • 先行タスクが完了になったとき
  • 先行タスクの期日が変更または削除されたとき

あるタスクが複数のタスクに依存している場合、すべての先行タスクが完了になったときに通知を1件受け取ります。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback