テンプレート

カスタムテンプレートで標準化されたプロジェクトを作成し、ワークフローを効率化することで、チームの時間の大幅な節約になります。 さらにパワーアップしたAsanaプロジェクトテンプレートビルダーでは、自分とチームのプロジェクトテンプレートのすべての要素と側面を、一目で見ることができます。

新しいプロジェクトテンプレートで は、再利用可能なカスタムテンプレートの作成により、チームが新しいプロジェクトを瞬時に開始できます。 プロジェクトテンプレートの作成と使用方法については、テンプレートの作成と使用に関する記事をご覧ください。 

また、プロジェクトのテンプレートを一から作成できるようになったことで、関連するタスク、コラボレーター、タイムラインも自分好みにカスタマイズできます。

カスタムテンプレートを使って時間を節約し、プロセスを標準化し、 オンライントレーニングでAsanaで基本的なワークフローを作成する方法をご紹介しています。今すぐご参加ください。

プロジェクトテンプレートの検索 

プロジェクトテンプレートを見つけるには、チームのホームページの一番下までスクロールし、使用したいテンプレートを選択します。

templates.gif

または、検索バーを使用してテンプレートを検索することもできます。

既存のプロジェクトからプロジェクトテンプレートを作成する

 

Guests
  1. プロジェクト名の横にある矢印をクリックし、ドロップダウンを表示します。
  • テンプレートとして保存」をクリックします。
  • ここでプロジェクトテンプレートに名前を付けてチームと共有できます。 また、テンプレートのプライバシー設定を、チームに公開する、チームに編集のためのアクセス権を与える、あるいはプロジェクトメンバーのみに公開する非公開に設定することができます。 設定が終わったら、「テンプレートを新規作成」をクリックします。

    Guests

    これでテンプレートが生成され、ニーズに合わせて構築、カスタマイズが可能になります。

    Guests

    この画面では、テンプレートのデフォルトのタスク担当者期日を追加または編集できます。

    カスタムテンプレート用にプロジェクトの日程を設定する

    プロジェクトテンプレート内の日付は相対的なものです。 プロジェクトの開始日または終了日から数えた日数が示されることで、タスクを管理しやすくなります。

    プロジェクトテンプレート内の日付は、テンプレートから作成されたプロジェクトの開始日または終了日を基準として、相対的に設定されるようになりました。

    日付選択ではプロジェクトテンプレートの作成時にAsanaが関連タスクをスケジュールする際の、開始日や終了日が設定できます。 この日付選択では相対的な日付(例:プロジェクト開始の3日後)のみが表示されます。

    Relative dates

    基準となる日付の
    設定

    Set schedule type

    スケジュールを設定するには、次の方法があります。

    1. 「プロジェクト開始日から」を選択し、テンプレートから作成されたプロジェクトの開始日を基準として、タスクの期日すべてを設定する方法。

    2. 「プロジェクト期日から」を選択し、テンプレートから作成されたプロジェクトの期日を基準として、タスクの期日すべてを設定する方法。

    除外する日付の設定や、週末を スキップする設定もできます。

    日付を選択し
    たら、日付選択画面の左下隅にある「時間を追加」をクリックして時間を設定することもできます。 この設定に基づき、自動的に締め切り時間とそれに対応した開始時間が設定されます。

    テンプレートの右側にある「カスタマイズ」タブでは、テンプレートの調整やカスタマイズができます。

    Project content

    ここから、カスタムフィールド、フォーム、タスクテンプレート、ルールによるカスタマイズができます。

    さらに、任意のフィールドの追加、編集、削除も可能です。 タスクの期日とカスタムフィールドを設定したら、プロジェクトテンプレートの左側にある「続行」をクリックします。

    プロジェクトテンプレート内で割り当てられたタスクは担当者のマイタスクに表示されません。

    カスタムテンプレートを使って時間を節約し、プロセスを標準化し、 仕事を効率化する方法を学ぶAsanaのバーチャルトレーニングに参加しましょう

    プロジェクトにおける役割

    プロジェクトテンプレートに役割を追加できるようになりました。 役割を追加すると、テンプレートを使用した際に適切なチームメイトにタスクを自動で割り当てるプレースホルダーを作成できます。 プロジェクトの役割は、Asana AdvancedEnterpriseEnterprise +、および旧プランのBusiness、Enterpriseで利用できます。

    プロジェクトテンプレートに役割を追加する方法

    Adding project roles

    プロジェクトテンプレートに役割を追加するには、まずはプロジェクトテンプレートを新規作成するか、または既存のテンプレートの右上隅の「編集」をクリックします。

    Add role

    サイドバーの「+役割を追加」ボタンをクリックして、プロジェクトの役割を追加するステップを開始します。

    Add roles
    1. +役割を追加」をクリックして、該当する役割名を入力します。たとえば、「プロジェクトマネージャー」や「デザイナー」などです。
    2. 作成」をクリックして役割名を保存します。

    新しいプロジェクトの役割を追加または編集する方法

    Edit roles
    1. サイドバーの「プロジェクト役割」の下に表示される「役割を編集」をクリックします
  • +役割を追加」をクリックして新しいプロジェクトの役割を追加します
  • 既存の役割のいずれかをクリックして編集または変更を加えます
  • プロジェクトの役割を削除するには、次のことを行います。

    Remove roles
    1. 役割を編集」をクリックします
  • 削除する役割にカーソルを合わせて、表示される「x」アイコンをクリックし、次に「削除」をクリックします
  • 完了」をクリックしてテンプレートに戻ります
  • プロジェクトの役割を割り当てる方法

    Assign roles
    1. テンプレートの編集を終えたら、「完了」をクリックします
  • テンプレートを使用」をクリックして、通常のステップでプロジェクトに名前を付けて、「続行」をクリックします
  • 次のページでは、プロジェクトの役割ごとに担当者を選択できます。 割り当てが完了したら、「プロジェクトへ移動」をクリックします。 この手順を「スキップ」することもできますが、それは推奨されません。 以下のAsanaヒントを参照してください。

  • この手順をスキップすると、後から担当者を追加できないため、担当者フィールドが空白のままになります。 そのため、最初に作成する時点で担当者を追加することをおすすめします。

    テンプレートの設定

    Guests

    テンプレート設定では、次のことができます。

    1. テンプレートのタイトルを編集する
    2. テンプレートの説明を追加する
    3. テンプレートにアクセスできるチームを選択する
    4. プライバシー設定を選択する
    5. プロジェクトテンプレートのコラボレーターを選ぶ
    6. ポートフォリオにプロジェクトを追加

     

    Settings

    テンプレートオーナーは、プロジェクトテンプレートの編集使用に関するメンバーの権限を管理できます。

    Guests
    1. 編集可能」の権限を持つユーザーは、テンプレート内コンテンツの追加、編集、削除が可能です。
    2. 使用可能」の権限を持つユーザーは、そのテンプレートを使ってプロジェクトを作成することはできますが、テンプレート内のコンテンツは編集できません。
    3. メンバーには、新しいテンプレートオーナーとしてのアクセス権を付与できます。
    4. また、メンバーをテンプレートメンバーから削除することもできます。
    Asana-beta-.png

    ビルダー

     

    を使ってポートフォリオにプロジェクトを追加することもできます。 これは、このテンプレートで作成されたすべてのプロジェクトが選択されたポートフォリオに追加されることを意味します。 

    プロジェクトテンプレートを使用して、プロジェクトを一から作成する

    ビルダーを使用して、一からテンプレートを作成することもできます。

    1. 新規プロジェクトを作成します。
    2. テンプレートを使用」を選択します。
    3. カスタムテンプレートのセクションまで下にスクロールします。
    4. +新規テンプレート」をクリックします。

    メモ:チームが最初のテンプレートを作成した後は、チームページの「テンプレート」セクションで、テンプレートを一から作成することもできます。

    New template

    テンプレートを削除する

    「チーム」ページを開くと、そのチームのプロジェクトテンプレートを簡単に表示、確認できます。

    ここから、テンプレート右上の三点リーダーアイコンをクリックすると、テンプレートを簡単に編集、削除できます。

    Frame 630779.png

    プロジェクトテンプレートのバンドル

    バンドルはAsana Enterpriseのすべてのお客様にご利用いただけます。

    プロジェクトテンプレートからプロジェクトを作成するときに、「カスタマイズ」ボタンを使ってプロジェクトテンプレートにバンドルを追加できるようになりました。 プロジェクトテンプレートのバンドルを使用すると、プロジェクトが作成された後でも、プロジェクトやワークフローを標準化して管理できます。つまり、

    • プロジェクトテンプレートから作成された新規プロジェクトには、バンドルが適用されます。
    • バンドルに加えられた更新は、そのバンドルを使用している他のすべてのプロジェクトやプロジェクトテンプレートに自動的に同期されます。 バンドル自体が更新されると、その変更はバンドルが使用されているすべての場所に反映されます

    プロジェクトテンプレートにバンドルを追加するには

    1. 新規プロジェクトの作成を開始し、[テンプレートを使用]を選択して、ライブラリからプロジェクトテンプレートを選択します。
    2. 「編集」クリックしてプロジェクトテンプレートを編集します。
    3. カスタマイズ」をクリックし、「カスタマイズ」メニューから「バンドルを追加」を選択します。
    4. その後、既存のバンドルから選択するか、バンドルギャラリーから新しいバンドルを作成します。 
    5. バンドルを作成したら、バンドル管理ダッシュボードでバンドルを選択し、そのプロジェクトテンプレートにバンドルを適用します。

    ギャラリー内で既存のバンドルを作成または選択した後、バンドル管理ダッシュボードからプロジェクトテンプレートにバンドルを追加して、テンプレートがバンドルを受信できるようにする必要があります。

    バンドル管理ダッシュボードからバンドルを適用する

    バンドルは、以下に示すように、バンドル管理ダッシュボード内から直接プロジェクトテンプレートに適用することもできます。

    1. プロジェクト内の「カスタマイズ」ボタンをクリックし、「バンドル」までスクロールダウンします
    2. 使用するバンドルをクリックし、「ダッシュボード」タブに移動します。
    3. +自分の仕事に追加」ボタンをクリックして、関連するプロジェクトテンプレートを検索し、選択します。

    バンドル管理ダッシュボードでプロジェクトテンプレートを表示する

    1. プロジェクト内の「カスタマイズ」ボタンをクリックし、「バンドル」までスクロールダウンします
    2. 表示するバンドルをクリックし、「ダッシュボード」タブに移動します。 
    3. [作業タイプ]には、リストされている各項目がプロジェクトかプロジェクトテンプレートかが表示されます。

    プロジェクトテンプレートのバンドルに関するメモ
    • バンドルがプロジェクトテンプレートに添付されると、バンドルに加えられた変更内容が自動的にプロジェクトテンプレートに反映されます。

  • バンドルギャラリーの既存のバンドルをプロジェクトテンプレートに追加できます。
  • ユーザーは、プロジェクトテンプレートに追加されたバンドルのリストを見ることができます(これはユーザーのプロジェクト権限に依存します)。
  • テンプレートにバンドルを追加したり、以前に追加したバンドルを表示したりするには、プロジェクトテンプレートの編集権限が必要です。
  • Asanaを試してみませんか? まずは30日間Asanaを無料でお試しください