タイムトラッキング

Asana BusinessAsana Enterprise をご利用のお客様は、タイムトラッキング機能をご利用になれます。

Asana のネイティブなタイムトラッキング機能を使うことで、タスクの完了にかかる時間を推定したり、実際にかかった時間を記録したりできます。 この時間データは、ワークロードやリソース管理の判断材料や、プロジェクトの進捗をリアルタイムで推測するための情報として価値があり、予測や予算管理などでも欠かせない要素となります。

実際にかかった時間は、手動で記録することも、タイムログを使ってそのタスクに取り組んだ履歴に基づいて合計を自動計算することもできます。タイムトラッキングのデータをダッシュボードで報告することも、予定時間を他のカスタムフィールドのようにソートすることもできます。

 

プロジェクトでタイムトラッキングを有効にする

推定所要時間と実際にかかった時間

プロジェクトでタイムトラッキングを有効にするには、次のことを行います。

  1. 右上隅の「カスタマイズ」をクリックします
  2. リストからタイムトラッキングを選択します。

予定時間フィールドと実績時間フィールド

予定時間実績時間カスタムフィールドがプロジェクトに追加されます。これらはカスタムフィールドライブラリからも追加できます。

時間フィールド
  1. 予定時間
  2. 実績時間
  3. タイムログは、タスクに取り組むシーンごとに時間を記録します。
  4. 合計時間は、タイムログから自動的に計算されます

タイムトラッキングのデータでレポートを作成する

プロジェクト内の時間データは、他のカスタムフィールドと同じようにダッシュボードでレポートできます。

予定時間 (担当者別)

予定時間 (担当者別)

この例では、担当者ごとに、プロジェクトのタスクを完了するための推定所要時間を報告します。このグラフを再現するには、以下を選択します。

  • X 軸: 担当者
  • Y 軸: カスタムフィールド > 予定時間

予定時間 (担当者のグループ別)

担当者を選択

また、プロジェクト内で選択された担当者のグループに基づいて、タスクの合計予定時間を報告することもできます。

実績時間の合計 (セクション別)

合計時間 (セクション別)

また、実績時間の合計をレポートすることもできます。このダッシュボードには、実績時間の合計がセクション別に表示されます。

このグラフを再現するには、以下を選択します。

  • X 軸: セクション
  • Y 軸: 時間の入力 > 実績時間

実績時間の合計 (カスタムフィールド別)

実績時間の合計 (カスタムフィールド別)

実績時間の合計をプロジェクトのカスタムフィールド別にレポートします。

このグラフを再現するには、以下を選択します。

  • X軸: カスタムフィールド > 部署
  • Y 軸: 時間の入力 > 実績時間

タイムトラッキングのライブタイマー

開始と停止のライブタイマーを使って、タスクにかかった実績時間を記録できるようになりました。

タイムトラッキング 1

タイマー計測中は、画面の右下隅に計測中のタイマーとタスク名がポップアップ表示されます。ポップアップをクリックすると、タイマーで計測中のタスクへリダイレクトされます。これにより、正確かつシームレスにタスクにかかった時間を計測できます。

タイムトラッキング 2

タスクの実績時間をクリックすると、タスクの処理中にタイマーが実行された各インスタンスと、タイマーを実行したユーザーが表示されます。上の例では、タスクは 1 時間かかると推定され、45 分と 15 分の 2 つの異なる期間に作業されました。

API によるタイムトラッキングの読み取り

タスクのタイムトラッキング情報を API で読み取れるようになりました。詳しくはフォーラムの投稿をご覧ください。

サブタスクのタイムトラッキングの集計

サブタスクの実績時間フィールドと予定時間フィールドの値は、親タスクの値に積み上げ集計されます。

リストビューにサブタスクを展開すると、サブタスクの実績時間予定時間の値と、親タスクの実績時間予定時間の値が別々に表示されます。

サブタスクの集計

リストビューでサブタスクを折り畳むと、サブタスクの実績時間予定時間の値が積み上げ集計され、親タスクの値に追加されます。

サブタスクの積み上げ集計

親タスクの横に表示される実績時間予定時間の値には、親タスクとサブタスクの実績時間予定時間の値の合計が表示されます。

上の例では、2 つのサブタスク (45 分と 30 分) の実績時間値が、親タスク (1 時間 0 分) の実績時間に加算され、合計 2 時間 15 分になります。予定時間の値も同じ方法で積み上げ集計されます。

テンプレートでのタイムトラッキングのサポート

タイムトラッキングのフィールドはテンプレートでサポートされています。これらのフィールドが存在するテンプレートから作成されたプロジェクトには、予定時間フィールドと実績時間フィールドが引き継がれます。

タイムトラッキングのインポートとエクスポートのサポート

時間追跡の値を CSV でインポート / エクスポートすることもできます。

エクスポート

1 時間 30 分の値は「1:30」としてエクスポートされます

タイムトラッキングのインポートとエクスポート

インポート

タイムトラッキングの値をインポートすると、Asana は以下のフォーマットを認識します。

  • hh:mm
  • _hr _min
  • _h _m

数値のみの値は、時間数であると認識されます。15 という値をインポートすると、 15 時間として認識されます。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback