組織の管理

Asanaアカウントは無料で、個人のユーザーに紐付けられています。 共有されたワークスペースや組織にアクセスして他のAsanaユーザーとコラボレーションすることができます。

1つのAsanaアカウントを使用して複数のワークスペースや組織を作成し、参加できるため、さまざまなグループのAsanaユーザーとコラボレーションできます。所属するワークスペースや組織はそれぞれ独立しており、メンバー、プロジェクト、タスクはそのワークスペースや組織に限定されています。

各ワークスペースや組織は独立しているため、あなたや同僚は、お互いに所属していないワークスペースや組織を見ることはできません。 各スペースの違いについて詳しくはこちらをご覧ください。 

関連記事:

account diagram

ワークスペースや組織内のプロジェクト内のタスクの権限設定について、詳しくはこちらをご覧ください

組織とは?

組織は、Asanaを使っているあなたの会社のすべての従業員が、会社の共有メールドメインに基づいて、つながることのできるスペースです。

「組織」の中で、従業員は「チーム」に分かれてプロジェクトタスクに共同で取り組みます。

organization diagram

独自の共有メールドメインがない場合は、ワークスペースでコラボレーションできます。

組織のメンバー

組織にはメンバー、ゲスト限定アクセスメンバーといった複数の構成員が存在します。 会社ドメインのメールアドレスを持つ社員は組織のメンバーに、社外関係者は組織のゲストに振り分けられます。

たとえば、michael@yourco.com組織yourco.comのメンバーですが、他のメールアドレス(@ gmail.com@ anotherco.comなど)を使用する人は組織yourco.comのゲストになります。

組織メンバー をゲストに変換することはできません。 組織のメンバーシップは、その人のメールアドレスによって自動的に決まります。

組織のメンバー

組織のメンバーシップは、使用するメールアドレスに関連付けられているドメインを基にしています。 組織のメンバーになるには、組織が承認しているメールドメインのいずれかを持つメールアドレスを使用する必要があります。

組織が承認しているメールドメインのメールアドレスを使ってAsanaに登録した人は、自動的に組織のメンバーになります。

組織のメンバーができることは以下のとおりです。

自動的に組織に参加したメンバーが、「公開」に設定されていないプロジェクトやタスクでコラボレーションするには、チームに参加リクエストをするか、招待される必要があります。詳細はこちらをご覧ください。

組織のゲスト

組織で承認されたメールドメインのアドレスを持たないクライアントやベンダー、お客様(@ gmail.com@ yahoo.comなど)とコラボレーションできます。 これらのユーザーは組織のゲストになります。 ゲストの場合、組織に対するアクセス権は限定されており、本人に明示的に共有されたもののみを閲覧することができます。

組織のゲストは、招待されない限りチームに参加することはできません。 また、他のチームを作成、表示したり、チームへの参加をリクエストしたりすることはできません。

組織のゲストは、自分にアクセス権が与えられているプロジェクトやタスクを共有することで、組織に他のゲストを招待できます。

メンバーとゲストの識別

guest identification

ゲストの場合、入力データ候補またはメンバーリストの名前の横に地球のアイコンが表示されます。

限定アクセスメンバー

チームにはそれぞれ独自のメンバーが所属し、固有のプロジェクトがあります。 チーム内の一部のプロジェクトにアクセス権がない人は、チーム設定のメンバータブで「限定アクセスメンバー」と表示されます。 プロジェクトに参加または共有できるアクセス権を持つ全員が、チームの限定アクセスメンバーになることができます。 限定アクセスメンバーは、チームの名前とメンバーシップだけでなく、自分が追加されたプロジェクトとタスクも常に表示できますが、チームのメッセージや他のプロジェクトは表示されません。

限定アクセスメンバーは、ランク内のライセンス割り当てにカウントされます。

組織を作成する

Asanaでの組織の作成は、次のいずれかの手順で行います。 Asanaサポートへのお問い合わせが必要になる場合もあります。

組織を作成すると、会社のメールドメインのメールアドレスを使っているAsanaユーザー全員に影響します。

社内で初めて登録する

会社のメールアドレスでAsanaアカウントを新規作成すると、 そのメールアドレスに基づいて組織が自動的に作成されます。

なお、同様の方法で登録しても、組織の代わりにワークスペースが作成される場合があります。このような場合は、ワークスペースを変換して組織にすることができます。

組織を追加作成する

1つのアカウントから、複数の組織を作成して参加することも可能です。 会社用メールアドレスが他にもある場合は、アカウントにメールアドレスを追加し、こちらの手順で新しい組織を作成できます。

各組織は、独自のメールドメインに関連付けられている必要があります。 Asanaアカウントに紐付けられた、会社メールドメインを持つユーザーだけが、その組織のメンバーになります。

組織のメールドメインを追加または変更する

組織に承認済みメールドメインを追加する場合(たとえば、会社がacme.comからacmestaff.comに変わる場合)、管理者コンソールに記載されている確認手順を実行してください

メールドメインが変わることがわかったら、速やかに ご連絡ください。 古いメールドメインと新しいメールドメインの両方が同時に有効である期間に変更するのが一番簡単です。

管理者コンソール 

有料サブスクリプションのユーザーは、管理者コンソールにアクセスしてサブスクリプションに関する変更を行ったり、請求を管理したり、組織に関する情報を確認して、メンバーを管理したりできます。

組織をアップグレードすると、管理者コンソールにアクセスできます。

詳しくはこちらをご覧ください!

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback