カスタムフィールド

カスタムフィールドを使うと、Asanaプロジェクトのタスクにデータを追加できます。 ステージや優先度、コストなど、ワークフロー、チーム、会社にとって大切なあらゆる情報に対してフィールドを作成できるので、 一人一人が組織全体の状況を明確に把握できるようになります。 カスタムフィールドをプロジェクトの列として、またはタスク自体の列として表示できます。 

Asanaには、作成できるカスタムフィールドのタイプが2つあります。   

  • 単一のプロジェクトまたはポートフォリオに固有のローカルカスタムフィールドと、
  • 組織全体で繰り返し使うことができるグローバルカスタムフィールドです。   

Asanaを始めるウェビナーに参加して、カスタムフィールドを使って仕事を追跡、分類、絞り込む方法を学びましょう。今すぐ登録しましょう。  

カスタムフィールドは、作業のタグ付け、ソート、絞り込みに最適な手段です。 30日間のAsana無料トライアルで、実際の動作を確認してください。無料で試してみましょう

グローバルカスタムフィールドとローカルカスタムフィールドの違い

組織全体で繰り返し使用できるフィールドです。 ローカルカスタムフィールドは、プロジェクトまたはポートフォリオのみに公開されています。 

グローバルカスタムフィールドを作成する 

global field

プロジェクトにフィールドをまだ追加していない場合は、「フィールドを追加」ボタンをクリックして、グローバルカスタムフィールドを作成します。

global

カスタムフィールドを追加」タブからは次のことができます。

 

  1. フィールドのタイトルを追加する
  2. フィールドタイプを選択する
  3. 説明を追加
  4. 組織のフィールドライブラリにフィールド を追加して、組織全体で(グローバルに)繰り返し使用できるようにする

ローカルカスタムフィールドを作成する 

local

プロジェクトにフィールドをまだ追加していない場合は、右上隅にあるプラスのアイコンをクリックして、ローカルのカスタムフィールドを作成します。

local field

カスタムフィールドを追加」タブからは次のことができます。

 

  1. フィールドのタイトルを追加する
  2. フィールドタイプを選択する
  3. 説明を追加
  4. 組織のフィールドライブラリにフィールドを追加しないことで、プロジェクト固有(ローカル)にする
  5. 「フィールドを削除」する
  6. 変更内容を保存する

第一階層のサブタスクのみが自動的に親タスクのカスタムフィールドを継承します。 

フィールドを編集

 

カスタムフィールドは、ツールバーや列のヘッダーを使って編集できます。

フィールド名の横にある鉛筆のアイコンをクリックしてフィールドを編集します。

カスタムフィールド

 

は列ヘッダーを使っても編集できます。 カスタムフィールドの横にある矢印をクリックし、ドロップダウンから「フィールドを編集」を選択します。

グローバルカスタムフィールドの場合、編集内容はそのフィールドを使うすべてのプロジェクトに同じように適用されます。

フィールドを完全に削除する方法

フィールドを完全に削除するには、以下のことを行います。

  1. フィールド名の横にある鉛筆のアイコンをクリックします。
  2. フィールドを削除」をクリックします。
  3. フィールド名を入力します。
  4. 削除」をクリックします。

ドロップダウンフィールドの編集

ドロップダウンフィールドを編集して、以下のことを行えます。

  1. フィールドオプションのカラーを編集する
  2. フィールドのオプションを削除する
  3. フィールドへ新規オプションを追加する
  4. フィールド全体を削除する

ドロップダウンオプションの並べ替え

ドロップダウンオプションは、ドラッグ&ドロップしてカスタムフィールド内で並べ替えることができます。

カスタムフィールドの値オプションからドロップダウンの値を削除した 場合、その値が使用されたタスクでは削除された値が保持されます。 後からそのフィールドを他の値に変更することはできますが、変更後にそのフィールドを削除された値に戻すことはできません。

数値フィールドの編集

数値フィールドを編集して、以下のことができます。

  • 通貨、数値、パーセント、カスタムラベル、未フォーマットなどにフィールドを変更する
  • 表示される小数点以下の桁数を変更する
  • フィールド全体を削除する

フィールドの小数点以下の桁数を 減らした場合、現在の値はすべて保持されますが、表示される値は切り上げまたは切り捨てされます。 フィールドの小数点以下の桁数を増やすと、元の値が再び表示されます。

プロジェクトからカスタムフィールドを削除する

不要になったフィールドはプロジェクトから削除することができます。

列ヘッダーのカスタムフィールド名の横にあるドロップダウンの矢印をクリックして、プロジェクトからフィールドを削除するオプションを選択することもできます。

フィールド を削除しても、現在のプロジェクトから削除されるだけで、フィールド自体が完全に削除されるわけではありません。 組織内の同じフィールドがある他のプロジェクトからはそのフィールドは削除されず、また組織内の他のプロジェクトにそのフィールドを追加することも可能なままとなります。

値の保持

プロジェクトからフィールドを削除しても、プロジェクトのタスクからフィールドの値が削除されることはありません。

フィールドに入力されていた場合、カスタムフィールドとその値は引き続き右ウィンドウのタスクの詳細に表示されます。

ただし、フィールドが空の場合は、カスタムフィールドはタスクの詳細を示す右ウィンドウでも非表示になります。

 

カスタムフィールド通知

カスタムフィールド通知は、新しいドロップダウンフィールドと既存のドロップダウンフィールドの両方に対していつでも有効にできます。

Turn on 1

ドロップダウンフィールドの新規作成時に「通知」ボックスにチェックを入れると、このフィールドの値が変更されたときにそのことがタスクのコラボレーターに通知されます。

Turn on 2

既存のフィールドに対する通知を有効にするには、次のことを行います。

 

  1. カスタマイズ」をクリックします。
  2. フィールド」タブを下にスクロールします。
  3. 鉛筆のアイコンをクリックし、フィールドの設定を編集してから、通知ボックスにチェックを入れます。

カスタムフィールド通知は、ドロップダウンフィールドでのみ利用できます。

タスクのコラボレーターになると、フィールド値が変更されるたびに受信トレイに通知が届きます。

カスタムフィールド通知を受け取るユーザー

カスタムフィールドが組織またはチームに公開されており、誰かが通知ボックスにチェックを入れた場合、フィールドの値が変更されるたびに、その時点でこのフィールドを使っている全員が通知を受け取るようになります。 特定のタスクのフィールド値が変更されたときに通知を受けたい場合は、タスクのコラボレーターになる必要があります。

プロジェクトメンバーは、フィールド値が変更されたタスクをフォローしている場合にのみ通知を受け取ります。

詳しく

 

知りたい方は、 Asanaカスタムフィールドの全機能をチェック。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback