タイムライン

タイムラインでプロジェクトを表示する

Asanaにあるプロジェクトはすべてタイムラインビューで表示することができます。

プロジェクトのタイムラインにアクセスするには、プロジェクトの「タイムライン」タブをクリックします。

サブタスクは、親タスクからプロジェクトや担当者を自動的に継承しません。 プロジェクトのタイムラインに表示するには、手動でサブタスクをプロジェクトに追加し、期日/日付範囲を設定する必要があります。

  • プロジェクト内の期日や日付範囲が設定されているタスクは、自動的にタイムラインに表示されます。
  • プロジェクトの期日が設定されていない未スケジュールのタスクは、タイムラインの「未スケジュールのタスク」セクションの右側に表示されます。
  • 右側の矢印アイコンをクリックするか、プロジェクトツールバーの「未スケジュール」トグルアイコンをクリックして、未スケジュールのタスクを非表示にします。
  • タイムラインでタスクをスケジュールする

     

    タスクをタイムラインに移動するには、タスクをタイムラインの該当する日付にドラッグするか、リストまたはボードビューに戻り、そのタスクに期日または日付範囲を設定します。 期日が設定されると、そのタスクはタイムラインに表示されます。

    複数のタスクのスケジュールを一括で変更する

    親タスクのスケジュールやプロジェクトの障害に合わせて、予定されていたタスクのスケジュールを一括で変更することができます。

    複数の日付を変更するには、次のことを行います。

     

    タスクを複数選択して、タイムライン上のより適切な日付にドラッグします。

    タイムラインビューでは、次のことができます。

    1. タイムライン上でタスクの周りを囲むようにドラッグして選択します
    2. キーボードの'' (CTRL) '' (PC)
    3. 選択されたタスクが青い四角形で表示されるので、それらを新しい時間枠にドラッグします
    4. すべてのタスクが新しい日付で表示されます
    5. スケジュールの変更を知らせる通知が表示されます

    リストで複数の期日を変更するには、ビューを「期日でソート」に変更し、変更したいタスクを複数選択するCommandキー(WindowsではCtrlキー)キーを押しながら、カーソルの上/下キーを使って、すべての期日を1日ずつ変更します。

    タイムラインで新しいタスクを作成する

     

    タイムラインから新しいタスクを作成するには、タイムライン上でタスクをスケジュールする日付を直接クリックし、タスクの名前を入力します。 続いてタスクの詳細をクリックし、情報を追加して割り当てます。 タスクはタイムライン、リストビュー、ボードビューに直接表示されます。

    タイムラインのカラーを設定する

    タイムラインでカラーを設定する場合、最も推奨される方法はカスタムフィールドを作成し、各フィールドにカラーを設定することです。 その後、タスクでカスタムフィールドの値を設定すれば、そのカラーがタイムラインに表示されます。

    タイムライン上でカラーを設定するには、[カラー]ドロップダウンをクリックしてカラーを選択します。

    Asanaで設定した他の色から引き出すAsanaのデフォルトを選択することも、カスタムフィールドに基づいて色のロジックを設定することもできます。 使用するカスタムフィールドを選択したら、そのビューを全員に対して保存できるので、タイムラインでプロジェクトを表示するときにチーム全体に同じ色のロジックが表示されます。

    タイムラインの依存関係

    依存関係は、タスクにカーソルを合わせて表示されるコネクタアイコンをクリックし、別のタスクにドラッグすることで、タイムラインで直接設定できます。

    タイムラインで依存関係の線を引くには:

    1. タスクの上にカーソルを合わせたときに表示れるコネクタアイコンをクリックします
    2. コネクタを依存先にしたいタスクにドラッグします。

    プロジェクトのタスクに他の依存先がある場合は、タイムラインでそのつながりが表示されます。

     

    日付の矛盾がない場合は、タスクとその依存先タスクはタイムライン上でグレーの線でつながれます。

    タイムライン上で依存関係のあるタスクが重複する場合(たとえば、あるタスクの開始日が、依存先のタスクが完了する前の日付になっている場合)、タイムライン上に赤色の依存関係の線が表示され、矛盾の可能性があることが示されます。

    タイムラインの拡大/縮小

     

    タイムラインを拡大して、時間、日、週、月、四半期、半年、年で表示できます。

    タイムラインの共有

     

    プロジェクトに対するアクセス権を持つユーザーは全員がプロジェクトのタイムラインにアクセスできます。 会社内でタイムラインを共有する場合、プロジェクトが公開されていれば、URLをコピーすることでプロジェクトのタイムラインへのリンクを相手に送信することができます。 プロジェクトが非公開の場合は、ユーザーをプロジェクト内のタスクのコラボレーターとして追加します。

    依存関係の日付の変更

    依存関係管理オプション

    依存関係の日付変更オプションは3つあります。

    screenshot_title

    さまざまな日付変更オプション

    にアクセスするには、プロジェクトのタイムラインビューの右上隅にある3ドットアイコンをクリックし、タイムラインオプションを選択します。 オプションについては、以下でさらに説明します。

    期日を自動的に変更して適切に機能させるための要件は次のとおりです。

    • タスクが別のタスクに依存しているとマークされているため、タスクがブロックされているか、別のタスクにブロックさています。
    • ブロックされているタスクには、期日が設定されています。 開始日がこのプロセスに影響することはありません。
    • タスクは完了になりません。 日付の変更は完了済みのタスクには影響しません。

    ラグシフトで期日のバッファを維持する

    依存関係にあるタスク同士の間隔を維持するには、[バッファの維持]を選択します。 このプロセスはラグシフトと呼ばれています。

    Maintain buffer

    依存関係にあるタスク間のバッファを維持するために、各タスクの期日は、タスク間の時間を維持しながら、シフトされたタスクの期日を基準にして移動します。

    提供されたスクリーンショットの例の3つのタスクを考えてみましょう。

    1. 6月1日締め切りのパーティー会場を選択してください。
    2. 6月3日までにケータリングを手配しましょう。
    3. 招待状の送付期限は6月10日です。

    パーティー会場を選択すると、ケータリングの整理がブロックされます。ケータリング自体が招待状の送付をブロックしています。

    screenshot_title

    ケータリングを整理する」の期日を1週間後の6月8日に変更すると、「パーティー会場を選択する」と「招待を送信する」の期日も1週間後に変更されます。 セレクトパーティ 会場とオーガナイズケータリングの2日間のギャップは残っていますが、期日は変更されています。 また、ケータリングの整理招待状の送付の間には7日間のギャップも設けられています。

    例の第2段階では、ケータリングの期日を6月10日から6月9日に前倒しすると同じ効果があります。パーティー会場の選択と招待状の送信の両方の期日は、それぞれのギャップを維持するために1日ずつ移動します。

    スラックシフトで期日のバッファを使用する

    スケジュールの競合が発生しない限り、依存関係にあるタスク同士の間隔を埋めます。 スラックシフトとも呼ばれます。

    Consume buffer

    2つの依存するタスク間のバッファーを消費する場合、1つのタスクの期日は、シフトされたタスクの期日に関連して移動しません。

    提供されたスクリーンショットの例の3つのタスクを考えてみましょう。

    1. 6月1日締め切りのパーティー会場を選択してください。
    2. 6月3日までにケータリングを手配しましょう。
    3. 招待状の送付期限は6月10日です。

    パーティー会場を選択すると、ケータリングの整理がブロックされます。ケータリング自体が招待状の送付をブロックしています。

    screenshot_title

    Slackのシフト

    により、「ケータリングを整理する」の期日を6月7日に変更しても、期日の競合は発生しないため、他のタスクには影響しません。 同様に、ケータリングの整理招待状の送信の間のバッファーは維持されません。7日間のギャップは3日間のギャップになります。

    例の第2段階では、ケータリングの整理はまだパーティー会場の選択でブロックされています。 「ケータリングを整理する」の期日を5月31日に延期すると、依存関係の期日が競合することになります。 したがって、選択パーティー会場の締め切り日は、これに対応するために時間内に先に進む必要があります。 選択パーティー会場の期日は、依存関係を尊重するために1日前に進み、5月30日の新しい期日を受け取ります。

    期日バッファを無視する

    スケジュールの競合が発生する場合も、依存関係にあるタスク同士の間隔を無視するには、[なし]を選択します。 このオプションを使用すると、バッファは維持されず、消費されません。 依存関係のあるタスクの期日間の競合も考慮されません。

    None

    提供されたスクリーンショットの例の3つのタスクを考えてみましょう。

    1. 6月1日締め切りのパーティー会場を選択してください。
    2. 6月3日までにケータリングを手配しましょう。
    3. 招待状の送付期限は6月10日です。

    パーティー会場を選択すると、ケータリングの整理がブロックされます。ケータリング自体が招待状の送付をブロックしています。

    screenshot_title

    [

     なし]を選択すると、期日の間隔は完全に無視されます。 この例では、期日が変更され、タスク間の依存関係は尊重されません。 ブロックされたタスクは、依存関係のあるタスクの前に完了させることができます。

    週末を考慮

    weekend-awareness

    依存関係にあるタスクの期日を変更する際に、週末に自動的にタスクをスケジュールすることを避けるには、週末意識を使用します。

    タイムラインの
    クリティカルパス

    この機能は、Asana BusinessEnterpriseをご利用のすべてのお客様が使用できる機能です。

    クリティカルパスを使用すると、プロジェクトを予定どおりに完了させるために欠かせない重要なタスクをすばやく特定し、それらをタイムラインビュー上に表示できます。 プロジェクトの全体像を把握しながら、プロジェクトの進行を妨げる障害があればそれを確認し、タイムラインを管理できるようになります。

    プロジェクトのクリティカルパスを計算する

     

    プロジェクトのクリティカルパスとは、プロジェクトの各依存タスクを線でつなぎ合わせたときに最長となる経路のことです。 プロジェクト直下のタスクが対象となるため、クリティカルパスの計算にサブタスクは考慮されません。

    プロジェクトの所要時間は、タスクの期間、タスク間の依存関係、タスク間のギャップ(時間差)を基に計算されます。

    たとえば次のようになります。

    • タスクBはタスクAに依存する
    • タスクAの日付範囲は12月1日から12月5日です
    • タスクBの日付範囲は12月10日から12月20日です

    このパスの合計所要時間は20日間です。

    プロジェクトのクリティカルパスを割り出すには、プロジェクトで以下の条件を満たす必要があります。

    • タスク期間を検出するための期日が設定されたタスク
    • タスクの依存関係
    • プロジェクト内で期日が一番最後に設定されたタスクは、別のタスクに依存していること

    依存関係や期日が変更されると、クリティカルパスも変わっていきます。

    注:クリティカルパスを利用できるのは、期日が設定されたタスク数が最大で2000件までのプロジェクトです。

    クリティカルパスをハイライトする

     

    プロジェクトのクリティカルパスをタイムラインビュー上で可視化するには、「タイムライン」タブをクリックします。

    highlight critical path

    タスクアクションメニューでは、次のことができます。

    1. 三点リーダーアイコンをクリックします。
    2. クリティカルパスをハイライトを有効にする

    プロジェクトのクリティカルパスは黄色でハイライトされます。

    タイムラインビューでクリティカルパスがすぐに表示されない 場合は、最後の期日タスクまでスクロールします。 このタスクに依存関係がない場合は、このタスクのみが強調表示されます。

    メモ:タスクに循環依存関係がある場合、クリティカルパスは強調表示されません。 例えば、AがブロックしているBがブロックしているCがブロックしているA。

    Asanaを試してみませんか? 有料機能も30日間Asanaを無料でお試しいただけます。

    タイムラインのセクション

    セクションを使用すると、プロジェクトプランに新しい分類方法が加わります。 ニーズに合わせて仕事の表示方法を変更したり、プランに含まれるタスクのタイプをわかりやすく示して共有したり、タスクのグループ分けを把握しながらプランを調整したりできます。

    Sections

    タイムラインのソート機能

    また、タイムラインのタスクを開始日、期日、または担当者でソートし、そのビューをデフォルトとして保存することもできます。

    Sort by

    タイムラインのタスクをソートするには、次のことを行います。

    1. 並べ替えアイコンをクリックします
    2. [開始日]または[期日]または[担当者]のいずれかを選択します
    layout

    ビューを保存するには、プロジェクト名の横にあるドロップダウンの矢印をクリックし、レイアウトをデフォルトとして保存をクリックします。

     

    タイムラインのタスクを開始日、期日、または担当者でソートすると、プロジェクトのセクションは表示されなくなります。 セクションを表示するには、ソートを[なし]に設定します。

    タイムライン上のサブタスク

    タイムラインでサブタスクを表示すると、依存するワークストリームの多い複雑なプロジェクトを管理できます。

    subtask

    タイムラインから、以下のことが可能になります。

    1. タスクボックスの左側にある矢印 をクリックすると、サブタスクが表示されます。 サブタスク数はタスク名の横に表示されます。
    2. サブタスクをクリックすると、そのタスク詳細ウィンドウが表示されます
    3. コネクタアイコンを別のタスクにドラッグしてサブタスクの依存関係を設定する
    4. サブタスクの期日を変更する
    5. 未スケジュールのサブタスクを表示する。このリンクをクリックすると、タスク詳細ウィンドウからこれらのサブタスクをスケジュールできます。

    親タスクとは異なり、サブタスクはタイムラインビューからは作成できません。 新しいサブタスクを作成するには、親のタスク詳細ウィンドウに移動し、新しいサブタスクを追加します。 また、プロジェクトのリストビューから新しいサブタスクを追加することもできます。

    最初の階層のサブタスクだけが表示されます。

    タスクを展開してそのサブタスクを表示すると、他のメンバーがタイムラインにアクセスしたときに引き続き展開されます。 サブタスクコンテナを閉じると、他のメンバーがタイムラインにアクセスしたときも閉じたままになります。 タイムラインで実行されたこれらのアクションのいずれかが、タイムラインのデフォルトのレイアウトになります。

    タイムラインでサブタスクを表示するには、ズームボタンを「日」以上にする必要があります。

    タイムラインのフィルター機能

    プロジェクトのツールバーを使って、希望の条件に合わせてタイムラインを絞り込むことができます。

    タイムラインをフィルターして、「完了タスク」、「完了タスク」、または「 すべてのタスク」を表示できます。

    ポートフォリオタイムライン

    ポートフォリオタイムラインは、Asana BusinessとAsana Enterpriseのすべてのお客様がご利用になれます。

    ポートフォリオタイムラインを使用すると、イニシアチブに取り組む順序を可視化し、共有し、調整できるため、リソースを最適なかたちで活用し、締め切りを守ることができます。

    ポートフォリオのタイムラインについて詳しくは、ポートフォリオのヘルプセンターの記事をご覧ください。