メールでAsanaにタスクを送る

Asanaにメールを送信することによって、タスクやメッセージを作成できます。 Asanaに転送できるメールの最大サイズは添付ファイルと合わせて30 MBまでとなっています。

Asanaはメールを次のように解釈します。

メールアドレスフィールド タスクフィールド
X@mail.asana.com宛の メールアドレス マイタスクのタスク
To:フィールドに追加されたアドレス タスク担当者
CCのメール受信者 タスクのコラボレーター
メールの件名 タスク名
メールの本文 タスクの説明
メールの添付ファイル タスクの添付ファイル

'x@mail.asana.com'のxは変数ではありません。

メールでタスクをマイタスクに送る

メールを使用してマイタスクのタスクを作成するには、x@mail.asana.comにメールを送信します。 デフォルトでは、x@mail.asana.comは、メール転送タブで選択したメールアドレスに関連付けられているワークスペースまたは組織にタスクを作成します。

メールアドレスに関連付けられている組織またはワークスペースを変更するには:

  • トップバーの右側にあるプロフィール写真をクリックします。
  • 設定を選択
  • [メールアドレス転送]タブを選択します。
  • メールアドレスに関連付ける組織またはワークスペースを選択します

メールアドレス」タブに、アカウントに他のメールアドレスを追加するオプションがあります。 Asanaアカウントにメールアドレスを追加する場合、すでに別のAsanaアカウントに関連付けられているメールアドレスを追加すると、両方のアカウントが統合されます。 これは取り返しのつかない変更です。

メールでタスクをプロジェクトに送る

任意のAsanaプロジェクトに直接メールを送ってタスクを作成できます。

すべてのAsanaプロジェクトには一意なメールアドレスがあり、それを使ってプロジェクト内にタスクを作成できます。

Desktop.png

プロジェクトのメールアドレスを見つけるには、次のことを行います。

  1. プロジェクトアクションのプロジェクト名の横にあるドロップダウンの矢印をクリックします
  2. インポート」をクリックしてから「メールアドレス」を選択します。

プロジェクトのメールアドレスは、プロジェクトの一意のIDを使用して手動で識別することもできます:

  • 任意のプロジェクトを開きます
  • プロジェクトのURLに含まれる一連の数字がプロジェクトIDです(URLはhttps://app.asana.com/0/projectID/listのようになっています)

メールを使用してプロジェクト内のタスクを作成するには、x+projectID@mail.asana.comにメールを送信します。 たとえば、プロジェクトIDが123なら、x+123@mail.asana.comにメールを送ります

Asana for GmailアドオンまたはAsana for Outlookの連携を使うと、メールの受信トレイから直接タスクを作成できます。

ユーザーは、プロジェクトとチームの両方が公開されていない限り、すでにメンバーであるプロジェクトでのみタスクを作成できます。 この場合、ユーザーはプロジェクトのメンバーにならずにタスクを作成できます。

メールアドレス

メールを送信することで、チームプロジェクトにメッセージを投稿できます。

チームのメッセージにメールアドレスを送る

 

Team ID (1).png

チーム

のメッセージページの一番下にメールアドレスが表示されます。 チームのメッセージ用メールアドレスは、[チームID ]@ mail.asana.comです。

プロジェクトのメッセージにメールアドレスを送る

 

Project ID (1).png

プロジェクト

のメッセージページの一番下にメールアドレスが表示されます。 プロジェクトのメッセージ用メールアドレスは、[プロジェクトID ]@ mail.asana.comです。

このアドレスにメールを送信し、それぞれのチームまたはプロジェクトのメッセージに投稿を作成します。 他のユーザーをCCに入れて、コラボレーターとしてメッセージに追加することもできます。

組織内では、会社のメールアドレスからメールを送信した場合にのみメッセージの投稿を送信できます。

たとえばacme.comの組織に属する場合、ユーザーアカウントにのメールアドレスが関連付けられていても、メッセージを投稿するには、@ acme.comのメールアドレスからメッセージを送信する必要があります。

CCまたはToフィールドに含める 全員が、Asanaのワークスペース、組織、またはプロジェクトにアクセスできるようにし、Asanaアカウントと関連付けられているメールアドレスを使用していることを確認します。 アクセスできない場合は、タスクを作成できなかったことを示す通知が届くことがあります。

自動転送メールアドレス

定期的に受信しているメールでAsanaのタスクを作成したい場合は、自動転送を行うことができます。 Asanaでメールを自動転送するには、次のことを行います。

  1. 転送用のメールアカウントを作成します。
  2. Asanaで組織またはワークスペースにforwarder @を追加し、このメールアドレスをAsanaとメールの送信先プロジェクトに追加します。
  3. 自分のAsanaアカウントからログアウトし、forwarderアカウントでログインしてから、アカウントのメール通知をオフにします。 
  4. Asanaプロジェクトへの自動転送メールにforwarder @アカウントを設定します。 以下は一般的なメールクライアント向けの手順です。

これで、forwarder @がメールを受信するたびに、そのメールはAsanaプロジェクトに転送され、転送先のアカウントに割り当てられるようになります。 これらのタスクはその後、簡単に割り当て直すことができます。

メール認証

アカウントがフィッシングやメールのなりすましから確実に保護されるように、メールを送信するメールサーバーでメールドメインが正しく設定されている必要があります。 サーバーは、エンベロープアドレスのドメインが送信アドレスのドメインと一致するように設定されていなければなりません。 そうなっていない場合は、アドレスが一致しないため、これを解決するためにメールサーバー管理者に連絡する必要があるというエラーメッセージが表示されます。

 

Asanaを試してみませんか? まずは無料トライアルから始めましょう。

無料で試す

 

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback