ワークスペースと組織のFAQ

Asanaの組織の利用には、会社またはビジネス専用のメールドメインがあることが前提になります。 会社のメールドメインでAsanaに登録した方は、自動的に会社の組織にメンバーとして参加することになります。

ワークスペースは、個人的な目標やタスクのために、または会社に一意のメールドメインがない場合は仕事のために使用されます。 ワークスペースは単一のチームのように機能します。

まずは無料トライアルから始めましょう。

関連記事

両方を使用する

仕事用と個人用に別々のユーザーアカウントを作成できます。

1. 1つのアカウントで勤務先メールアドレスを使用

2.個人用のメールアドレスを使用した個人用の2つ目のアカウント

個人用メールアドレスと仕事用メールアドレスの両方を、Asanaアカウントのメールポリシーの記事に記載されているとおり、同じアカウントに追加することはできません。

以下の表は、ワークスペース、チーム、組織の違いをまとめたものです。

ワークスペース チーム 組織
個人用のメールアドレスで作成できる 仕事/会社用のメールアドレスを使って作成することが必要 
個人または比較的小さなグループで使用するための1つのチームとして機能する 組織内の1つのチームとして機能する 複数のチームを収容する
新しいチームを作成できない 複数のチームを作成できる 
メンバーまたは限定アクセスメンバーとして誰でも追加できる メンバーシップはチームの権限設定で定義される 組織のメンバーシップは会社のメールドメインにより定義され、 その他のメールアドレスを持つ人は全員ゲストとして組織に参加する

ワークスペースを組織に変換する

まず、アカウントに会社のメールアドレスを追加します(まだ追加していない場合)。  

アカウントに会社のメールアドレスを登録したら、いずれかのワークスペースを組織に変換できます。  

組織に変換するオプションが表示されない場合は、サポートチームにお問い合わせください 

ワークスペース全体が組織内の最初のチームになります。 ワークスペースがアップグレードされた場合は、チームもアップグレードされます。 サブスクリプションは「請求」タブで組織レベルに移行できます。

ワークスペースまたは組織のオーナーシップ

ワークスペースと組織は、すべてのメンバーが管理できる共有スペースです。 無料バージョンのAsanaの場合、ワークスペースや組織は特定の誰かが所有するものではなく、アクセス権を持つメンバー全員が共同で管理することになります。

有料アカウントのワークスペースまたは組織のオーナーシップ

有料プランのワークスペースや組織でも、プロジェクトやタスクはすべてメンバーが共同で管理しますが、請求は請求管理者が管理し、組織のメンバーシップは管理者コンソールで管理します。

ワークスペースと組織のプライバシー

ワークスペースや組織を見ることができるのは、そのメンバーのみです。サイドバーにワークスペースや組織のチームやプロジェクトが表示されます。

たとえば、あなたが、自分用に作った「旅行」という名前のワークスペースと、所属先の会社の組織であるacmeco.comの両方のメンバーであるとします。同じく「旅行」のメンバーであるユーザーを除き、acmeco.comユーザーにあなたが「旅行」のメンバーであることは表示されません。

同様に、他のユーザーが所属する他のワークスペースや組織をあなたが知ることもできません。

組織の名前を変える

有料プランの組織では、特権管理者と管理者のみが組織名を変更できます。

無料プランの組織の場合、組織名は勤務先メールアドレスのメールドメインと同じになります。 たとえば、会社名が「Acme Co」で勤務先メールアドレスが「acme.co」の場合、その会社のAsanaにおける組織名は「acme.co」になります。

組織を無効にする

あなたが知らないうちに組織内で他のユーザーが非公開タスクやプロジェクトを作成している場合もあります。 そのため、組織のすべてを一括して削除するボタンはありません。

代わりに、次のことを実行できます。

Asanaでは会社は組織として存在します。 上記のすべてを行って、組織を空の状態にしておいた場合でも、会社のメールアドレスを使ってAsanaに新たに登録した人は、その空になった組織に自動的に参加することになります。

新たなメンバーが参加する際に、会社のメールドメインを使って新規の組織を作成したい場合は、Asanaのシステムから会社のメールアドレスを削除してドメインを開放する必要があるため、Asanaまで 問い合わせください。

組織、チームのアップグレードまたはディビジョンの作成

ご自身のニーズに合わせて、アップグレードするお部屋をお選びください。 組織全体をアップグレードして、すべてのチームが有料機能を利用できるようにすることも、チームプランを使用して単一チームをアップグレードすることもできます。 ディビジョンプランを使用して、1つのサブスクリプションで複数チームをまとめてアップグレードすることもできます。 通常、規模の大きい会社に向いているのは、個々のチームのアップグレードやディビジョンプランです。 会社の管理者 を設置したい場合やすべてのチームで有料機能を使いたい場合は、組織全体をアップグレードしてください。

以下のスクリーンショットに示すように、プランをアップグレードする際に「プランの詳細を変更」ポップアップウィンドウでチームまたは組織全体をアップグレードできます。

Plan details

 

「プランの詳細を変更」ページでは、次のことが行えます。

  1. 有料プランの種類を選択する
  2. 月間払いか年間払いを選択する
  3. ライセンスのドロップダウンを使って、アップグレードするプランのサイズを選択する
  4. 組織全体をアップグレードするか、1つのチームだけをアップグレードするかを選択する

3種類のアップグレードの違いについてもう少し詳しくご紹介します。

チームプラン

  • そのチーム内のプロジェクトに取り組むメンバーのライセンスのみを購入します。各チームメンバーに有料ライセンスが必要です。
  • チームの成長に合わせて、サブスクリプションのサイズを簡単に変更できます。 チームプランでは管理者コンソールにアクセスできませんが、この記事に示すように「請求を管理」タブをクリックすると、「チーム設定」からサブスクリプションを管理できます
  • プランにさらにチームを追加する場合、チームプランをディビジョンに簡単に変更できます。ディビジョンの作成を希望される場合は、サポートチームにお問い合わせください。
  • 有料機能は、アップグレードされたチーム内のプロジェクトでのみ利用できます。
  • 組織内の他のチームは、AsanaのBasicバージョンを使用したり、個別にアップグレードしたりできます。
  • チーム内のプロジェクト権限の増加:非公開プロジェクトを、非公開メンバーのプライバシー設定を使って、チーム内の少数メンバーと共有することができます。
  • 優先サポート:有料プランのお客様は、優先的にサポートを受けられます。

組織プラン

  • 組織内のすべてのユーザーが、有料機能にアクセスできます。
  • 新しく作成されるチームを含むすべてのチームで、有料機能を利用できます。
  • 特定のプランで利用可能な組織固有の機能(Google SSO、サービスアカウントなど)。
  • 組織の管理者と特権管理者の役割。
  • 管理者コンソールへのアクセス:この管理者用インターフェイスで、従業員とゲストの管理が容易になります。
  • どのチームも非公開にできます。
  • すべてのチームを組織に公開したり、完全に非公開にしたり、承認制にすることができます。
  •  Enterprise およびEnterprise +組織の管理者、およびレガシー層の旧Enterprise組織の管理者は、組織のデータをすべて定期的にエクスポートできます。

会社のメールアドレスを使ってAsanaに登録した ユーザーは、自動的に組織に追加されます。 各メンバーには、組織プランの有料ライセンスが必要です。

ディビジョンプラン

  • ディビジョン内の全チームで有料機能を利用できます。
  • ディビジョンプランに含まれるチーム内で作業する場合、ディビジョンのすべてのメンバーは有料機能にアクセスできます。
  • ディビジョンの管理者と特権管理者の役割、またディビジョン管理者コンソールへのアクセス。
  • ディビジョンに追加されたチームはすべて、有料機能にアクセスできます。
  • 組織全体をアップグレードすることなく、複数のチームが有料機能にアクセスできます。
  • ユーザーがディビジョン内の複数のチームのメンバーになっても、追加費用はかかりません。

ディビジョンプランを作成する場合は、サポートチームにお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback