Asana EUデータセンター

EU地域のお客様にサービスを提供するため、ドイツのフランクフルトにデータセンターを開設し、本日よりAsana Enterprise +のお客様が利用できるようになりました。 Data Residencyは、Enterpriseのアドオンとして購入することができます。 詳しくはセールスチームにお問い合わせください

AsanaはAmazon Web Servicesと提携することによって、高い信頼性とパフォーマンスを発揮する、地域内のストレージを提供しています。 地域データセンターへのアクセスにより、お客様には、社内のデータポリシーだけでなく、データレジデンシーに関する要件を施行する政府やサードパーティが定める規制にも容易に準拠していただけます。 

EUデータセンターFAQ -知っておいておいていただきたいこと

EUデータセンターにはどのようなデータが保管されますか?

対象となるAsanaのお客様には、チームやプロジェクト、タスク、ドメイン/CSVのエクスポート、添付ファイルなど、すべての顧客データをヨーロッパのデータセンター(ドイツのプライマリとアイルランドのバックアップ)に保管することを選択できます。 メールアドレスやパスワードといったお客様のユーザープロフィールデータは引き続き米国内で保管されます。

すべてのデータはEUで処理されますか?

いいえ、データはEU域外で処理される場合があります。たとえば、サポートサービスやAsanaの使用に合わせて処理される場合があります。 こちらのサブプロセッサーリストをご覧ください。

私の勤め先はEUの国を拠点としていません。それでも自分のデータをEUデータベースに保管することは可能ですか?

はい!データは、お客様の地域を問わず、ヨーロッパのデータセンターに保管していただけます。

ヨーロッパのデータセンターにデータを移動したら、サービスやデータへのアクセス権について何か変わることはありますか?

いいえ。引き続き、現在と同じAsanaの優れたサービスをご利用いただけます。

ヨーロッパのデータセンターは、プライバシーやデータ保護のどのようなフレームワークに準拠していますか?

Asanaは包括的なプライバシーとデータ保護プログラムを確立しています。 当社は、お客様およびベンダーと協力して、GDPR、英国GDPR、スイス連邦データ保護法、イスラエルプライバシー法、南アフリカPOPPI法の遵守を含む、グローバルなプライバシーコンプライアンスニーズに取り組んでいます。 AsanaはISO 27701の認証も受けています。 ISO 27701は、世界各地のプライバシー法遵守をサポートするプライバシー情報管理基準です。

Asanaはセキュリティやデータ保護のどのようなコンプライアンスを完了していますか?

Asanaは、SOC 2 (Type 1)および(Type 2)監査、ISO 27001、ISO 27018、ISO 27017、ISO 27701を完了しています。 お客様のデータは、保存時・転送時には暗号化されるほか、クロスリージョンバックアップによって保護されます。

ともに素晴らしいことを成し遂げましょう

このデータセンターの開設は、エンタープライズグレードの機能やグローバルなプライバシーの遵守を目指すAsanaの継続的な取り組みのほんの一例です。 世界190か国で100万を超えるチームがデータの安全を確保するためにAsanaを信頼している理由については、AsanaのプライバシーステートメントAsanaのプライバシーに関するコミットメントをご覧ください。

準備はいいですか?

今すぐセールスチームまでご連絡ください。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback