Asanaの管理者と特権管理者の役割

Asana StarterAdvanced、Enterprise、Enterprise +プランおよび旧プランのPremium、Business、旧Enterpriseプランで利用できます。

詳しくは料金ページをご覧ください。

Asanaでは、組織全体に管理者と特権管理者の2種類のロールがあります。 管理は、ユーザーとチームを管理するための機能と、個々のユーザーに対するセキュリティ設定にアクセスできます。 特権管理者は、すべての管理者機能と組織全体のセキュリティ設定にアクセスできます。

関連記事

特権管理者は組織全体のセキュリティ機能を監督できるため、IT管理者に割り当てる必要があります。 組織の1人目の特権管理者は、確認プロセスを受ける必要があります。 確認が済んだら、特権管理者はこの確認プロセスを実行しなくても他のユーザーに特権管理者ステータスを付与できます。 このプロセスにより、重大なセキュリティ設定へのアクセスが限られた数のユーザーに限定されます。

組織メンバーのみが管理者または特権管理者の役割を持つことができますが、ゲストはできません。

Asanaはチーム管理者もサポートしていますが、組織全体を管理することはできないため、この記事では説明しません。 チーム管理者について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

特権管理者と管理者の違い

他の機能にアクセスする必要がある場合は、特権管理者の確認プロセスを開始してください。

  • 特権管理者は、組織のIT管理者であることが一般的です。 SCIMや組織全体のパスワードリセットなどの機能を監督します。

  • 管理者は、ITヘルプデスクや総務部門の長が担当する傾向にあります。 管理者は、個人のパスワードリセットやカスタムブランディング、ユーザーとチームを管理するための機能にアクセスできます。

Asanaを試してみませんか? まずは30日間Asanaを無料でお試しください

管理者および特権管理者の権限 

Table of admin and super admin permissions.png

Asana AI機能を有効化/無効化する際の
権限

組織の特権管理者は、次の手順でAsana AI機能を有効または無効にできます 特権管理者のいない組織の管理者は、これらの機能を無効にできますが、再度有効にする ことはできません。 再度有効にするには、特権管理者の確認プロセスを完了するか、サポートチームにお問い合わせください。 管理者がこの変更を行う前に、Asanaに警告バナーが表示されます。 これは、ディビジョンに特権管理者がいないため、Asanaのディビジョンにも適用されます。 ディビジョンでAsanaのAI機能を有効にするには、ディビジョンの管理者が特権管理者の確認プロセスを完了し、組織の特権管理者になる必要があります。

特権管理者の確認

add super admin

ドメイン

に特権管理者が必要になることは滅多にありませんが、必要な場合は管理者コンソールに確認プロセスのガイダンスが表示されます。 確認プロセスを事前に済ませておきたい場合は、管理者コンソールを開き、「セキュリティ」タブ、「管理者アクセス」を順にクリックしてから新しい特権管理者を追加します。

Asana内で御社のデータのセキュリティとプライバシーを保護するために、組織の最初の特権管理者の方に確認プロセスを完了していただく必要がございます。 この際、貴社のAsanaアカウントに関連付けられたドメインのDNSレコードの変更を行えることを示していただきます。 具体的には、ウェブサイトの運用に影響を与えずにオーナーシップを証明する形でTXTレコードを追加していただきます。

組織 では、特権管理者になることを希望する最初のユーザーだけが、この確認プロセスを行う必要があります。 その後、その管理者は、確認後に別の管理者を追加できます。 DNSレコードは、確認後に削除できます。

1人目の特権管理者を追加する

add first super admin

1人目の特権管理者を追加するには、管理者コンソールの「セキュリティ」ページにある「管理者アクセス」セクションで「特権管理者を追加」ボタンをクリックします。

特権管理者の確認プロセス

verify super admin
  1. 次に、上記のようなAsanaからのメールでの指示を受け取ります。このメールでは、貴社のAsanaアカウントに関連付けられたドメインの1つにDNS TXTレコードを追加するようリクエストされます。 Asanaからのメールには、完了させる必要があるステップの概要が記載されています。
  2. DNSレコードを更新したら、変更内容が表示されるまで待つ必要があります。変更内容は最大48時間かかる場合がありますが、しばしばはるかに速く行われます。
  3. DNSの変更が表示されたら、受信したメールのリンクを使用して管理者コンソールに戻ります。 セキュリティページの管理者アクセスセクションを再度開き、確認を確認をクリックします。
  4. DNSレコードの更新に成功すると、特権管理者に昇格されます。

確認に 失敗すると、エラーメッセージとサポートページへのリンクが表示されます。 確認の試行は1週間後に失効します。

特権管理者の追加

組織の特権管理者は、他の特権管理者を追加できます。

add more super admin

他の特権管理者を追加するには、管理者コンソールの「セキュリティ」ページにある「管理者アクセス」セクションで「特権管理者を追加」ボタンをクリックします。

管理者の表示と管理

管理者と特権管理者の表示

admin roles filter
  1. プロフィール写真をクリックし、「管理者コンソール」にアクセスします。
  • 組織の管理者と特権管理者の一覧を表示するには、メンバータブをクリックし、メンバータイプで絞り込みます。
  • 管理者と特権管理者の管理

    admin roles remove
    1. 管理者を削除するオプションや管理者のプロフィールを編集するオプションを表示するには、三点リーダーアイコンをクリックします。

    管理者を組織のメンバーとして表示

    組織の管理者を表示するには:

    1. 右上隅のプロフィール写真をクリックします
    2. 所属先組織についてを選択します
    3. 組織の管理者と特権管理者の一覧を表示するには、管理者アクセス権をクリックします

    この記事は役に立ちましたか?

    Thanks for your feedback