セッション時間を管理する

Asana StarterAdvancedEnterprise、Enterprise +プラン、および旧プランのPremium、Business、旧Enterpriseプランで利用できます。   詳しくは料金ページをご覧ください。

セッション時間を選択する機能は、組織とディビジョンの特権管理者が使用できます。 セッション時間とは、ユーザーがシステムによって自動的にログアウトされるまで、Asanaにログインしていられる期間のことです。 特権管理者は、Asanaウェブとデスクトップのユーザーのセッション時間を管理することで、コントロールと柔軟性を一層強化できます。 セッション時間のコントロールを設定することで、特権管理者は企業の基準を考慮してセッション時間を決定でき、ユーザーのセッション時間を14日間にするか、無制限(ユーザーを自動的にログアウトしない)にするかを選択できます。

セッションの所要時間の管理

組織の特権管理者は、次の方法でセッション時間を管理できます。

setting sdc

組織の特権管理者は、次の方法でセッションの所要時間を管理できます。

  1. 管理者コンソールに移動する
  2. 管理者コンソールの「セキュリティ」セクションに移動し、「セッション時間」までスクロールします。
  3. 以下の2つのオプションから1つを選択します
  4. 2つのオプションから選択したら、「設定を保存」をクリックします。

ディビジョンの特権管理者がディビジョンセッション時間を設定するには、Asanaサポートにお問い合わせください

现有のユーザー向け

特権管理者が組織のセッション時間を変更した場合、すべての既存のユーザーセッションは終了となります。 ユーザーがもう一度ログインした際には、新たなセッション時間が始まります。 たとえば特権管理者が14日後に自動ログアウトするオプションを選択した場合、既存のユーザーセッションは即座に有効期限が切れ、再びログインした時点から新しい有効期間が開始されます。

複数のドメインに所属しているユーザーのログアウト(ログアウトまでの時間)は、すべてのドメインで最も短いセッション時間に設定されます。

SAMLログイン向け

組織のSAMLログインによって管理されているユーザーは、セッション時間設定の影響を受けません。 セッション時間は引き続き、SAML構成により決まります。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback