Asana日本データセンター

Asanaのミッションは、世界のチームが容易に協力しあえるようにし、人類の豊かな未来に貢献することです。 そして、世界のチームと言えば、私たちはそれを意味します。 現在、126,000を超える有料プランの組織が、Asanaを使って仕事の調整に活用しています。

世界の拠点を拡大し、世界中のさまざまなチームや業界をサポートしていく中で、私たちはお客様に自社のデータの保管場所をより自由に選択していただけるようにしたいと考えています。 お客様にサービスを提供するため、東京に新しいデータセンターを開設し、本日よりAsana Enterprise +のお客様にご利用いただけるようになりました。 Data Residencyは、Enterpriseのアドオンとして購入することができます。 詳しくはセールスチームにお問い合わせください

組織は、タスク、プロジェクト、添付ファイル、知的財産を東京に保管することで、データ保管に関する義務に対処できます。 AsanaはAmazon Web Servicesと提携することによって、高い信頼性とパフォーマンスを発揮する、地域内のストレージを提供しています。 新たな地域データセンターの開設により、お客様には、社内のデータポリシーだけでなく、データレジデンシーに関する要件を施行する政府やサードパーティが定める規制にも容易に準拠していただけます。

日本データセンターFAQ -知っておくべきこと

日本のデータセンターにはどのようなデータが保管されますか?

対象となるAsanaのお客様には、チームやプロジェクト、タスク、ドメイン/CSVのエクスポート、添付ファイルなど、すべての顧客データを日本のデータセンターに保管することを選択できます。 メールアドレスやパスワードなどのお客様のユーザープロフィールデータは引き続き米国内で保管されます。

私の勤め先は日本を拠点としていません。それでも自分のデータを日本に保管することは可能ですか?

はい!データは、お客様の地域を問わず、日本のデータセンターに保管していただけます。

日本の新しいデータセンターにデータを移動したら、サービスやデータへのアクセス権について何か変わることはありますか?

いいえ。引き続き、現在と同じAsanaの優れたサービスをご利用いただけます。

日本のデータセンターは、プライバシーやデータ保護のどのようなフレームワークに準拠していますか?

Asanaは包括的なプライバシーとデータ保護プログラムを確立しています。 当社は、国内および都道府県固有の法律を遵守するなど、お客様およびベンダーのグローバルなプライバシーコンプライアンスニーズに協力することにコミットしています。 AsanaはISO 27701の認証も受けています。 ISO 27701は、世界各地のプライバシー法遵守をサポートするプライバシー情報管理基準です。

Asanaはセキュリティやデータ保護のどのようなコンプライアンスを完了していますか?

Asanaは、SOC 2 (Type 1)および(Type 2)監査、ISO 27001、ISO 27018、ISO 27017、ISO 27701を完了しています。 お客様のデータは、保存時・転送時には暗号化されるほか、クロスリージョンバックアップによって保護されます。

ともに素晴らしいことを成し遂げましょう

この新しいデータセンターの開設は、エンタープライズグレードの機能やグローバルなプライバシーの遵守を目指すAsanaの継続的な取り組みのほんの一例です。 世界190か国で100万を超えるチームがデータの安全を確保するためにAsanaを信頼している理由の詳細については、AsanaのプライバシーステートメントAsanaのプライバシーに関するコミットメントをご覧ください。

準備はいいですか?

今すぐセールスチームまでご連絡ください。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback