タイムラインでプロジェクトを計画して実行

タイムラインを使用すると、現実的な期日を設けたプロジェクト計画を作成でき、スケジュールの重複を発見し、作業の進捗に合わせて調整できます。 タイムラインは、Asanaでの仕事に直接結びつき、リアルタイムで更新されるので、強力なガントチャートと言ってもいいでしょう。

Timeline view

タイムラインの使用方法

ポートフォリオでは、単一のプロジェクトまたは一連のプロジェクトのタイムラインを表示できます。 タスクに開始日、期日、依存関係を追加すると、スケジュールが視覚化され、タイムラインの実力が発揮されます。 プロジェクトかポートフォリオの「タイムライン」タブをクリックしてはじめましょう。

単一のプロジェクト計画を作成するには、タイムライン上でタスクをドラッグ&ドロップします。 ポートフォリオでは、タイムラインを使って製品ロードマップを作ったり、キャンペーンの年次スケジュールを作ったりすることができます。

タイムラインを使ってプロジェクトを計画するためのヒント

タイムラインはプロジェクトが始まる前に計画を立てるのにも役立ちますし、仕事の進捗に合わせてプロジェクトのモニタリングや更新を行い、期日を守れるように助けてくれます。 計画のステージごとのヒントを以下にご紹介します。

  • リストビューボードビューでタスク を作成し、タイムラインで期限と依存関係の設定を行いましょう。 タスクをタイムラインにドラッグするとスケジュールに入れられます。
    • ポートフォリオでは、開始日と期日が設定されたプロジェクトがタイムラインに表示されます。
  • タスクの依存関係を使用できます。どの仕事がどの仕事の完了を待っているかを表示できるので、タスク同士の関連や競合をタイムライン上で確認できます。 タスクが時間的に競合しているときは、タイムラインに赤い矢印が表示されます。 期日を守るために誰かが必死にならずに済むように、タスクのスケジュールを調整しましょう。
    • 依存関係は、タスクにカーソルを合わせて別のタスクにドラッグすると表示されるコネクタアイコンをクリックして、タイムラインで簡単に設定できます。
  • タイムラインをズームアウトしたりズームアウトしたりして、プロジェクトスケジュールを眺められます。 たとえば、今週は何があるのかチェックするならズームインし、会議のプレゼンのために計画全体を確認するならズームアウトします。
  • 複数のタスクを一度に移動させましょう。
  • ソート機能を使うとタイムラインの表示を変えられます。 たとえば、ステータスに基づいてソートしてリスクのあるタスクを特定したり、担当者でソートしてプロジェクトの余力を確認したりすることができます。
Sort by

タイムラインとカレンダービューの使い分け

タイムラインとカレンダービューで得られる情報は異なるので、目的に合わせて使い分ける必要があります。 どちらもプロジェクトビューなので、いつでも切り替えが可能ですが、次の点に注目してください:

注目する点 タイムラインが有効なケース カレンダーが有効なケース
期日 プロジェクトに終了日がある プロジェクトが継続中である
ワークフロー プロジェクトに依存関係があり、決まった順番で仕事が発生する タスク同士が独立している
スケジュール プロジェクトのスケジュールを作成し、進捗を見たい 今週あるいは今月の仕事の状況を一目で把握したい
オーディエンス プランを上司、他チーム、プロジェクトの関係者と共有したい マイタスクの自分のスケジュールやチーム全体のスケジュールを見たい

タイムラインでプランするプロジェクトの例

タイムラインは継続的なプロジェクトよりも期日が設定されているプロジェクトで実力を発揮します。 下のユースケースをクリックしてAsanaのテンプレートを使い、簡単にプロジェクトを計画してみましょう。

ポートフォリオのタイムラインで見るイニシアチブ

  • 会社の中長期目標とOKR
  • 年次製品ロードマップ
  • 年次マーケティングキャンペーンカレンダー

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback