Asana Businessの機能について

この記事では、Asanaのレガシーティアの1つであるBusinessについて説明します。 Asanaの新しいランクについては、Asana StarterAdvanced Enterprise、Enterprise +の専用ページをご覧ください。

詳しくは、料金ページをご覧ください。

BusinessプランはAsanaの使用期間や経験にかかわらず、会社全体の仕事を計画、管理、モニタリングしたいと考えているチームのために用意されています。 このプランに備わっているより強力な機能は、プロジェクトマネージャーやポートフォリオのリーダー、経営陣などがリソースを割り当てたり大きな目標に対する進捗を理解する場合に最適です。 Businessの機能とメリットを以下でご確認ください。

Asana Businessの機能*

Asana Premiumの機能に加え、Asana Businessプランには以下の機能が含まれます。

  • ゴール:会社の目標を設定、追跡、管理して、それを達成するための仕事につなげ、リーダー、経営陣、個々の社員にとって信頼できる唯一の情報源を提供します。
  • ポートフォリオ:戦略的なイニシアチブをポートフォリオに整理し、プロジェクト全体でステータス、タイムライン、チームメイトの仕事量をモニタリングします。
  • フォームのブランチロジック:ユーザーの最初の回答に基づいたフォローアップの質問を行えます。 最大で5つのブランチ階層をネストできるので、ユーザーの入力内容に対応するフォームを作成できます。
  • ワークロード:チームのキャパシティを1つのビューにまとめるAsanaのリソース管理機能です。インフォームドディシジョン(情報を得た上で行う決定)に基づく人員配置を行うことで、必要に応じて 仕事量のバランスを調整できます。
  • 目標の進捗に関するレポート:会社、チーム、個人のパフォーマンスを可視化できます。 目標のステータスや期間など、具体的な項目に関するレポートを作成し、戦略ビジョンに沿った情報を確認できます。
  • ポートフォリオ に関するレポート:ポートフォリオに合った包括的なレポートをシームレスに確認、調整、生成できます。 概要を一つのレポートにまとめることで、プロジェクトの全体像を一目で確認できます。
  • 校正:画像やPDFに直接コメントを書き込むと、タスクに変換されるので簡単に追跡できるほか、明確なフィードバックを残せます。
  • 承認リクエスト: Asanaの仕事に関する承認のリクエストと承認ができます。
  • カスタムルール:ルールを追加することで、優先度の判定、タスクの割り当て、Asanaフィールドの更新といった手作業を自動化できます。 カスタムルールの作成、条件付きロジックの使用、そしてカスタムのトリガーやアクションのご利用が可能です。
  • カスタムフィールドのロック:すべてのプロジェクトでカスタムフィールドの値を編集できるメンバーを設定することで、組織内で一貫した情報管理が行えます。
  • Salesforceとの連携-フォローアップ作業を追跡したり、お客様が大事な機会ステージに達するときにプロジェクトを自動的に作成したりすることにより、セールスサイクル全体でより優れたコラボレーションを実現できます。  

*旧Enterpriseプランには、すべてのAsana Business機能も含まれています。

この記事では、Asanaのレガシーティアの1つであるBusinessについて言及しています。 Asanaの新しいランクについては、Asana StarterAdvancedEnterprise、Enterprise +の専用ページをご覧ください。

詳しくは、料金ページをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback