アジャイルとスクラムにもぴったりなAsana

アジャイルはソフトウェア開発から生まれた手法ですが、今ではさまざまなチームや組織全体でも取り入れられています。 アジャイルチームは、条件が次々と変化する環境で仕事をすばやく進め、組織が質の高い仕事を短期間で市場へ送り出すことができます。 ただし、それにはチームの全員が仕事内容とその進め方を十分に理解していることが重要。 Asanaは、すばやい開発と頻繁な納品を支援する柔軟なツールです。 ここではアジャイルの仕事をAsanaで管理する方法について説明します。

Asanaを初めて使用する場合は、Asanaの概念を最大限に理解し、アジャイルフレームワークに簡単に変換できるように、クイックスタートを読むことをおすすめします。

Asanaがアジャイルにも最適である理由

アジャイル専用のツールが、企業全体または多様なチーム間で常に有効とは限りません。 アジャイルを必要としないチームにとっては、プロセスが無意味に複雑になる可能性があります。 製品開発やマーケティングチームにはアジャイルのプロセスが有効ですが、その方法はやはりチームによって異なります。 Asanaを使用すれば、アジャイルによる仕事の進め方をチームに合わせてカスタマイズでき、アジャイルにそぐわない仕事にも柔軟に対応できます。

アジャイルとスクラムの概念をAsanaで実践する

アジャイルでは、スクラムと呼ばれるフレームワークがよく使用されます。 このスクラムの一般的な概念をAsanaで実践するとどうなるか、以下の表で例を挙げながらご説明します。

アジャイルスクラムの概念 Asanaでは...
エピック プロジェクトポートフォリオの作成
機能 機能ごとにプロジェクトを1つ作成
ストーリー 機能のプロジェクトにタスクを追加
タスク Asanaのストーリータスクにサブタスクを追加
バックログ バックログプロジェクト作成する
スプリント スプリントプランニングプロジェクトの作成
サイズ ドロップダウンのカスタムフィールドを使用してサイズを指定する
所要時間 数値カスタムフィールドを使用する
受け入れ条件 タスクの説明に情報を入力

エピックの作成方法

エピック」とは、ある特定の目的のための取り組み全体のことで、「エピック」は「機能」や「ストーリー」に細分化されます。 Asanaでは、この「機能」はプロジェクト、「ストーリー」はタスクと呼ばれます。 大規模な製品リリースはエピックですし、大きな目標(たとえばセールスリードの確保や収益の増加など)を達成するための一連のイベントやキャンペーンもエピックです。

Asanaでエピックを作成するには、ポートフォリオを作成します。 ポートフォリオを使うと、関連のあるプロジェクトをグループごとにまとめて一度にモニタリングできるので、「エピック」の健全性が一目でわかります。 またすべての機能  ステータス更新を簡単に確認し、目標達成に役立てることができます。

Project portfolio in Asana

エピック(ポートフォリオ)を作成するには:

  1. サイドバーを開き、左上の「ポートフォリオ」をクリックします。
  2. 新規ポートフォリオをクリックします。

ポートフォリオをクリックすると、そこに含まれるすべてのプロジェクトをまとめて確認できます。

Create portfolios to track progress towards your epics in Asana

これで、エピック機能を作成する準備ができました。

機能バックログの作成方法

機能は、エピックの達成に役立つ大規模なアクティビティを文書化し、バックログはまだ優先度を決めていない仕事を追跡するのに役立ちます。 Asanaでは、機能バックログの両方をプロジェクトとして作成できますが、プロジェクトにセクションとしてバックログを含めることもできます。

たとえば、今年最大の製品リリースをテーマにしたエピックであれば、調査、フィードバック、開発、マーケティングリリース、セールスプランなどのプロジェクトを作成します。

機能バックログ(Asanaプロジェクト)を作成するには:

  1. まずAsanaでチームを作成し、プロジェクトとして作成する機能をホスティングできる場所を用意します。
  2. トップバーにあるオレンジ色の「+」ボタンをクリックし、各機能に対してプロジェクトを作成します。 手早く始めるには、[テンプレート]タブをクリックして、Asanaが作成したテンプレートの中から 機能の内容に合ったものを見つけます。
  3. 次に、カスタムフィールドをプロジェクトに追加して、機能のサイズ費用所要時間、ビジネス目標、またはエピックなどを追跡できるようにします。 プロジェクト上部にある青色の「カスタムフィールドを追加」リンクをクリックしてカスタムフィールドを追加してください。
  4. 機能を作成したら、バックログを機能プロジェクトのセクションに入れるか、バック ログ アイテムを別のプロジェクトに入れるかを決めます。 上記の通りプロジェクトを作成してください。
An agile website launch with Asana boards

次に、機能ストーリーに分割する方法を解説します。

ストーリーを作成してスプリントに追加する方法

ストーリーとは、機能をいくつかに分割したときにアクションを伴う仕事の1つです。 これはAsanaではプロジェクトにタスクを追加することに当たります。 つまり、デザインの再デザインに関するエピックでは、ウェブサイトのリリース機能に「ウェブコピーのドラフト」や「モバイル向けの最適化」などのストーリーを追加することができます。

An agile website launch

ストーリー(Asanaのタスク)を作成するには:

  1. 機能ストーリー  を追加するには、プロジェクトにタスクを作成します。 アクションが必要なステップをタスクのタイトルとして入力し、入力ごとにEnterキーを押します。
  2. タスクの説明に、受け入れ条件など関連情報を追加します。
  3. サイズや時間など、詳細を明確にするため、プロジェクトに追加したカスタムフィールドに入力します。
  4. タスクを担当者に割り当て、開始日と期日を設定して計画を立てます。
  5. ストーリーをタスクとして作成したら、さらに細かく、Asanaではサブタスクと呼ばれるタスクに分割します。  これは、Asanaの[サブタスク](/ guide/help/tasks/subtasks)に当たり、仕事を細かく分割して担当を適切に配分できます。

ストーリーを作成したら、スプリント計画プロジェクトを作成して、スプリントで引き受ける実行可能な仕事を把握することを検討しましょう。 Asanaのスプリント計画ブログをチェックして、スプリント計画の構築と管理方法を学びましょう。

このように、Asanaを使ってスクラムの基本的なフレームワークを構築できます。

アジャイルプロセス の実行方法はさまざまです。 他のチームのやり方に興味がある場合や、ここで説明したプロセスをカスタマイズしたい場合は、Asanaコミュニティに依頼してディスカッションを開始し、回答を得て、他のチームとつながりましょう。

アジャイルの仕事をAsanaで管理する

スクラムの基本的なフレームワークが完成し、スプリントプロジェクトに仕事を追加したあと、Asanaで仕事を管理するためのヒントをご紹介します。

バックログを管理する方法

Asanaでバックログをセクションまたはプロジェクトとして用意しておくと、バックログのすべてのアイテムのリストが常に更新されます。 また、カスタムフィールドを使ってバックログのタスクを絞り込めば、次に優先するべきアイテムをすぐに判断できます。 さらに、タスクを移動してバックログにアイテムを簡単に出し入れできます。

新しいアイテムをバックログに追加する手順:

  1. バックログに項目を簡単に追加できるように、バックログテンプレートタスクを作成します。 これにより、各バックログアイテムは、追加される前に同じレベルの情報を持つことができます。 そして、それを実行することにした場合、必要なコンテキストが得られます。
  2. タスクをバックログに追加する前に、仕事に必要な情報をタスクの説明に記入します。
  • テンプレートタスクは、画面右上隅にある...ボタンをクリックし、「タスクを複製...」を選択すればコピーできます。
  1. タスクを作成し、スプリントで作業するための準備ができたら、...ボタンをクリックしてタスクを現行のスプリントプロジェクトに追加します。 これで、タスクの開始に必要な情報をあらかじめ確認できます。

バックログ」のタスクに優先順位を付ける方法

  1. 優先度、サイズ、所要時間などのカスタムフィールドをバックログプロジェクトに追加しておくと、後でプロジェクトをソートして、優先的に取りかかるべき仕事を容易に特定することが可能になります。
  2. プロジェクト画面の右上隅にあるフィルターアイコンをクリックし、カスタムフィールドでタスクをソートします。
  • たとえば、次回のスプリントでエンジニアリング作業に割り当てる時間が決まっている場合は、この方法で優先度の高いタスクを探し、所要時間を見ながらタスクを適切に選ぶことができます。

アジャイルスプリントを管理する方法

スプリント計画プロジェクトを作成したら、スプリントの仕事をプロジェクトに追加し、Asanaで管理できます。 ここでは、仕事の進め方と関係者に常に最新情報を共有するためのヒントをご紹介します。

スプリントスケジュールを管理する方法

タイムラインを使用してスプリントスケジュールを管理すれば、スプレッドシートなど別のツールを用意してスプリントの計画や管理を行う必要がありません。

  1. スプリント計画に追加される各機能、ストーリー、タスクには、開始日と期日が設定されていることを確認して、スケジュールをタイムラインで確認しましょう。 Asanaプロジェクトの上部にある「タイムライン」タブをクリックします。 (これは、機能プロジェクトでも使用できます。)
  2. タイムラインでは、スプリントのすべてのタスクがガントチャート式で表示され、依存関係を簡単に設定しドラッグ&ドロップの操作で必要に応じて仕事をすばやく移動させることができます。

スプリントの最新情報を確認する

スプレッドシートを個別に管理したり、チームメイトに仕事の進行状況を確認したりするのではなく、スプリントプランプロジェクトをクリックするだけで完了します。

  1. スプリントで仕事が進むにつれて、チームメイトがタスクにストーリーやタスクの完了をマークし、関連する仕事を完了したタスクに添付して、仕事が完了したことを確認し、他のチームメイトが結果にアクセスできるようにします。
  2. ストーリーの関連タスクの進捗を表示するには、タスクをドラッグしてスプリントプロジェクト内の適切な列に入れます。 これで、プロジェクト内をクリックするだけで誰でも進捗を確認できます。
  3. スプリント計画プロジェクトには、すべての関係者や管理担当者をプロジェクトメンバーとして追加します。 顔のアイコンが表示されているプロジェクトのヘッダーをクリックすると、メンバーを追加できます。 編集を許可しないコメント限定のアクセス権を付与します。
  4. スプリント中に定期的な更新を伝えるには、進捗ビューを使用します。 @メンションを使えば、関連する仕事のあるタスクやプロジェクトを呼び出すことができます。@メンションを使えば、チームメイトの称賛を得ることができます。また、誰がプロジェクトをリードしていて、誰に質問をすることができるかを他の人に知らせることもできます。
  5. 毎日のスタンドアップでは、マイタスクを使って、今日取り組んでいる仕事や完了した仕事を把握し、障害を特定することができます。
  6. チームメイトが仕事に詰まっていたら、タスクのコメントで情報を送るなどしてサポートします。 必要に応じてタスクのフォロワーを追加することもできます。

Asanaで振り返りを効果的に行う

振り返りは、アジャイルプロセスにおいて非常に重要な要素です。 ここではAsanaで振り返りを効果的に行う方法を説明します。 振り返りによって有益な情報を導き出し、すぐに行動に移せるようにしましょう。

  1. スプリントの最後に、スプリント計画プロジェクトを使用して達成できたことやまだ残っていることを確認します。
  • 完了した機能の 数を調べ、次回のスプリントを計画します。 「所要時間」のカスタムフィールドを使えば簡単に計算できます。
  • 未完了の機能やストーリーをバックログに移動したり、次のスプリントに追加したりしましょう。
  1. 進捗ビューを使用して、スプリントの最終結果を含めたステータス更新を投稿し、共有します。
  2. 振り返りのフィードバックの中にアクションを必要とするものがあればタスクを作成し、実行するべきか別のチームに依頼するべきか調べるメンバーに割り当てます。
  3. スプリントプロジェクトをアーカイブし、現行のスプリントプロジェクトだけが表示されるようにします。 アーカイブされたプロジェクトは、Asanaでいつでも参照できます。
  4. 新しいスプリントプロジェクトを作成し、プロセスを繰り返します。

アジャイルの仕事には、チームの成功に貢献する多くの側面と要素がありますが、この仕事を1か所で簡単に追跡、管理、計画する能力は、間違いなく結果を促進します。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback