授業の課題を追跡する

キャンパスライフは多忙です。 特にプランナーやスプレッドシート、付箋に頼っている場合は、コースロード、課外授業、仕事やインターンシップの検索の間に、すべての生徒の責任を把握するのが難しい場合があります。 以下の手順に従って、Asanaを使用してキャンパス全体のすべての仕事を追跡し、より良い結果を得る方法を学びましょう。

ノート、宿題、プロジェクトを追跡

  1. Asanaアカウント 登録を行い、新規ワークスペースを作成しましょう。 これが、課題をはじめ、授業に関連するすべてを追跡するベースになります。
  2. 授業ごとにプロジェクトを作成。 プロジェクトにそれぞれの授業の宿題、ノートなどの情報を入れて整理しておき、進捗を追跡しましょう。 プロジェクトには授業と同じ名前を付けます。
  3. 課題、ノート、情報はタスクとして追加します。 レポートの作成、リーディング、試験勉強のように新しい課題が出てきたら、それぞれに新規タスクを作成します。 タスクはTo - doリストとして使ったり、保存しておきたい情報の保管場所にもなります。
  4. プロジェクトセクションを作成して仕事を整理しましょう。Tab + Nを押すだけです。 手順としては、「課題」「ノート」「参考資料」「教授への質問」などを入力します。
  5. ファイルを添付して、タスクにコンテキストを追加しましょう。 AsanaはDropboxGoogle DriveBoxと同期するため、あらゆるファイルをすばやくアップロードできます。 タスクの説明に詳細やリンクを追加することもできます。
  6. タスクに締め切りの日時を追加して、自分に割り当てれば(Tab + M)、期日通りに課題を仕上げられます。   Asanaをカレンダーに同期させれば、いつでも締め切りを守れます。
Track all the homework, notes, and projects for any class with an Asana project

Google Chrome Extension for Asanaを

ダウンロードすれば、Chromeのどのウェブページからも自動的にAsanaにタスクを追加できます。 表示中のURLをタスクとして追加すれば、後で記事を読んだり、もう一度ページを確認できます。

Asanaを授業の課題のために使用すれば、すべてを1か所で整理できるため、必ず締め切りを守れるのはもちろん、どこにいても授業の準備ができます。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback