グローバル認証設定

この記事では、組織がアクセスを合理化し、セキュリティを強化するために実装できる2つの主要な認証方法、すなわちGoogleサインインとSAMLについて詳しく説明します。

関連記事

Googleサインイン

特権管理者がGoogle SSOを有効にするには、まず自身のGoogleアカウントにログインする必要があります。 メールアドレスとパスワードを使用してログインしている場合は、一旦ログアウトして、青色の「Googleアカウントを使用」リンクをクリックしてログインし直します。

sso

[セキュリティ]タブから、次の手順を実行します。

メンバーに対してGoogle SSOが必須になっているかどうかにかかわらず、組織ゲストは常にメールアドレスとパスワードでログインできます。

SAML認証

Asana EnterpriseEnterprise +の組織、および旧Enterpriseの組織の場合は、管理者コンソールの「セキュリティ」タブからSAMLを有効にできます。

enable

[セキュリティ]タブから、次の手順を実行します。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback