管理者コンソールでのパスワード設定の管理

この記事では、Asanaの強化されたパスワード強度オプションと組織全体のパスワードリセット機能について詳しく説明します。

関連記事

パスワード強度

Asana StarterAdvancedEnterprise、Enterprise +プラン、および旧プランのPremium、Business、旧Enterpriseプランで利用できます。 

詳しくは料金ページをご覧ください。

パスワード設定では、パスワードの強度が表示されます。 シンプルなパスワードまたは強力なパスワードを選択できます。 シンプルなパスワードは8文字以上である必要があり、強力なパスワードは8文字以上である上に、小文字、大文字、数字、記号、数字の中から少なくとも3つを含める必要があります。

パスワード強度の変更は新しく作成されるパスワードのみに適用されます。

組織全体のパスワードの強制リセット

Asana StarterAdvancedEnterprise、Enterprise +組織の特権管理者、および旧プランのPremium、Business、旧Enterpriseの特権管理者が利用できます。   

組織にアクセスできるユーザーに対し、組織全体でパスワードのリセットを強制できます。

1. Asanaのパスワードを使用しているメンバーまたはゲストはログアウトされます。 その後、パスワードリセットリンク付きのメールが届き、再度ログインする前に新しいパスワードを選択する必要があります。

2. Asanaのパスワードを使用していないメンバーまたはゲストはログアウトされます。

3. SAMLまたはGoogle SSOでログインし、Asanaのパスワードを使用していないメンバーまたはゲストはログアウトされます。

最初にパスワードを設定してAsanaに登録し、その後SAMLまたはGoogle SSOでログインするようにアップグレードした ユーザーには、パスワードのリセットを求めるメールが届きます。 これはSAML/Google SSOのパスワードには影響しません。

個人パスワードリセット

Asana EnterpriseおよびEnterprise +プランおよび旧プランの旧Enterpriseで利用できます。  特権管理者は、個人ユーザーのパスワードをメンバーのプロフィールからリセットできます。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback