管理者によるセキュリティ管理

この記事では、ゲスト招待の設定、添付ファイルの管理、チームのプライバシー設定、組織の管理者と特権管理者の定義について解説します。

関連記事

組織管理者の管理

管理者コンソールから、組織の管理者と特権管理者を確認できます。 [セキュリティ]タブの[管理者コントロール]の下にある[管理者アクセス]をクリックして、組織の管理者を決定します。 

organizations admins

組織の管理者には会社のミッションステートメントの編集権限があります。

ゲスト招待の設定

Asana EnterpriseおよびEnterprise +のティアおよび旧プランの旧Enterprise組織またはディビジョンの特権管理者は、組織ゲスト(会社のメールアドレスを持たないユーザー)をAsana組織に招待できるユーザーを管理できます。    特権管理者は、次のいずれかのオプションを選択できます。

  • 管理者のみ

  • 管理者とメンバー

  • 管理者、メンバー、ゲスト

これらのオプションのいずれかを有効にするには、管理者コンソールの「セキュリティ」タブに移動し、「管理者コントロール」をクリックして、ゲスト招待設定」をクリックします。

この設定を有効にすると、権限のないユーザーがゲストを招待しようとした場合、エラーメッセージが表示されます。

信頼できるゲストドメイン

Asana Enterprise +のプランで利用できます。

管理者と特権管理者は、ゲスト招待権限を持つユーザーがゲストを招待できる、承認済み外部ドメインのリストを作成できます。 

ゲスト招待は、承認済みリストにあるメールドメインにのみ送信できます。これにより、組織のコラボレーションのセキュリティと管理が強化されます。 ユーザーがリストにないドメインのユーザーにゲスト招待を送信しようとすると、エラーメッセージが表示されます。

信頼できるゲストドメインの設定

信頼できるゲストドメインは、ゲストの招待権限が管理者とメンバーまたは管理者、メンバー、ゲストに設定されている場合にのみ有効にできます。 ゲストの招待権限が管理者のみに設定されている場合、この機能は有効にできません。

screenshot_title
  1. 管理者コンソールの「セキュリティ」タブに移動します。

 

ドメインが完全に一致していることを 確認してください。 たとえば、acme.comを追加しても、app.acme.comなどのサブドメインやacme.co.jpなどのドメインは追加たことになりません。 そのようなドメインは個別に追加する必要があります。

screenshot_title

信頼できるゲストドメインの削除

リストから削除したいドメインを探し、ゴミ箱アイコンをクリックし、「保存」をクリックして確定します。

信頼できるゲストドメイン機能の無効化

設定を元に戻すには、信頼できるゲストドメインの設定を「すべてのドメイン」に戻します。

ファイルの添付の無効化

ファイルの添付を無効にする機能は、Asana Enterprise +プランおよび旧プランのEnterpriseプランの特権管理者のみが使用できます。

組織のセキュリティポリシーや組織が選定したファイル連携に基づいてファイルの添付を無効にして制限できます。この機能を活用すると、特権管理者は、組織全体におけるAsanaの導入が、ファイル添付のブロックに関するすべてのセキュリティおよび整合性の必須条件を満たしていることを保証できます。


組織の要件に従ってファイルのアップロードに関する厳密なポリシーを遵守できるよう、この機能ではドメインレベルでのより細かな管理が可能です。

また、IT管理者も組織のITセキュリティポリシーに従い、コンピューター、Dropbox、Googleドライブ、Box、OneDrive/SharePointのアップロードソースのいずれか(複数選択可)、またはすべてをすばやく有効または無効にし、Asana製品内のファイル添付が可能なすべての領域にこれを適用できます。

ファイルの添付に関するオプションにアクセスする方法

特権管理者は、管理者コンソールの「セキュリティ」タブから添付ファイルのオプションの設定にアクセスできます。

セキュリティ」タブで「管理者コントロール」にスクロールダウンし、「添付ファイルのオプション」をクリックします。

File attachment options

デフォルトでは、すべての添付ファイルが有効になっています。

  • ウェブからの添付
  • モバイル
  • API
  • コピー&ペースト
  • フォーム
  • ドラッグ&ドロップ
  • メール転送

サードパーティアプリからの添付を無効化する

サードパーティアプリからファイルを添付する機能を無効にするには、「アプリ」タブでアプリをブロックするか、ポップアップウィンドウでアプリを選択します。 こうすると、Dropbox、Googleドライブ、Box、OneDrive/SharePointからの添付が許可されなくなります。

モバイルで添付を無効にする

モバイルアプリに関しては、サードパーティアプリからのアップロードとデバイスからの添付は区別されません。 これは、すべてのファイルがまずはデバイスにダウンロードされるためです。

モバイルでファイル添付を無効にするには、「Asanaのアプリ、API、他の機能を使った添付を許可する」を無効にする方法しかありません。

チームプライバシー設定

Enterprise、Enterprise  +、および旧プランのEnterprise組織の特権管理者は 、自分が管理する組織内のチームに対し、デフォルトのプライバシーレベルを設定できます。

これを設定すると、新しいチームを作成する際のオプションとして、その設定が事前選択されます。 その場合でも、チーム作成者は、任意でその他のプライバシーレベルのチームを作成できます。

デフォルトのプライバシー設定を選択するには、管理者コンソールに移動し、「セキュリティ」タブの 「チームプライバシー設定」をクリックします。

team privacy settings 2

次のタブで、デフォルト設定を選択できます。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback