マイタスクのルール

この記事では、マイタスクにルールを追加して、タスクを管理する際の時間を節約し、手作業を減らし、効率を上げる方法について詳しく説明します。

ルールは、Asana StarterAdvancedEnterprise、Enterprise +プラン、および旧プランのPremium、Business、Enterpriseプランのお客様が利用できます。     「マイタスク」の「期日の接近」は、Asana Personalで使用できる唯一のプリセットルールです。

カスタムルールビルダーは、Asana StarterAdvancedEnterprise、Enterprise +プラン、および旧プランのBusiness、旧Enterpriseプランで利用できます。    「マイタスク」にルールを追加する場合は、「カスタムルールを作成」を選択します。

関連記事

マイタスクにルールを追加

マイタスクにオートメーション機能を追加すると、トリアージなどの手動プロセスの時間を節約したり、セクション内でのタスクの移動を自動化できます。 プリセットルールが集められたギャラリーから、トリガーとアクションのセットがすでに用意されているオプションを選択できます。 それから必要なパラメーター(使用する列や担当者など)を指定できます。

期日の接近」「タスクの期限超過」「タスクの「完了」マーク」などの一般的なトリガーを含むプリセットルールから選択します。

マイタスクのタスクの自動昇格

「今日」、「近日」、「後日」の自動移動動作を再作成しています

ルールの設定されたセクションの横にはルールのアイコン(雷アイコン)が表示されるので、ルールが設定されていることがわかります。

タスクの移動先とするセクションごとに、ルールを追加することができます。 たとえば、期日が3日後に迫っているときにタスクを近日に移動させるルールと、期日になったときにタスクを今日に移動させる別のルールを1つずつ追加します。

こうしたルールを作成すると、期日の接近に伴い、タスクはマイタスク内のどこにあっても、指定されたセクションに移動します。 これらのオートメーションによってマイタスクが更新されると、タスクは午前0時から午前1時まで、「最近の割り当て」セクションまたは他のセクションから移動します。

パーソナルプロダクティビティのバーチャルトレーニング  に参加して、Asanaでタスクを効果的に管理する方法を詳しく学びましょう。今すぐ登録しましょう。

この記事は役に立ちましたか?

Thanks for your feedback